子育て情報『「おかあさんといっしょ」は今年で60周年!どれだけ知ってる?3世代に渡る懐かしの“歴代キャラクター”総まとめ』

2019年7月16日 15:01

「おかあさんといっしょ」は今年で60周年!どれだけ知ってる?3世代に渡る懐かしの“歴代キャラクター”総まとめ

Middle img 556dd16b 20f5 4b05 9b9d 0695af4162e7

「おかいつ」の人形劇、実は現在”13代目”!
NHK「おかあさんといっしょ」は、2~4歳頃の子どもたちを対象とした教育番組です。
小さな子でも楽しみやすい歌や踊り、これから身に付けていきたい生活習慣などが満載で、楽しく見ているだけでいろんなことを学べるから大人にも子どもにも大人気。

特にその中のひとつ「人形劇」は“他者を理解する”ことを目的としているようで、子どもたちが“友達との関わり方”などを学べる大切なものとなっています。
実は現在の人形劇「ガラピコぷ~」は、なんと13代目!えっ!?キャラクター、そんなにいたっけ!?

ではでは人形劇が始まった1960年のキャラクターから振り返ってみましょう~!!!
どこから知ってる!?「おかあさんといっしょ」歴代キャラクター
実は1959年10月の番組開始当初は“週1”の番組だったという「おかあさんといっしょ」。
翌年の1960年には“週6”となり、曜日によって放送内容が違ったそうですよ~!
①1960年~1967年「ブーフーウー」

Eb3272b556b57d079861e072c092aea1 s

“週6”の放送のうち、月・火を担当したのがこのぬいぐるみ人形劇・ブーフーウー。
小さな本当の“人形劇”と人が演じる“着ぐるみ”を上手く合わせ、非常に画期的で注目を集めた劇だったようです。ちなみに画面は白黒。

声優陣もとっても豪華で、初代ドラえもんで有名な「大山のぶ代」さんや「黒柳徹子」さん、のちに独特のキャラで大人気となった「のっぽ」さんなどが担当。
話の内容的には童話「三匹の子ぶた」の“後日談”という設定だったそうですよ~!めちゃくちゃ興味あるぅ!!!(笑)
NHKアーカイブス「おかあさんといっしょブーフーウー」
②1967年~1969年「ダットくん」

E933db5fca19666212df03a385dcd6ba s

森にすむウサギの「ダットくん」と「ピョン子ちゃん」。森の中での出来事をスタジオの子どもたちと一緒に考える、という設定だったそう。さすがNHK「おかあさんといっしょ」……!

原作は1代目に続き「飯沢匡」さん、声優陣も「黒柳徹子」さんや「大山のぶ代」さんなどが引き続き担当。
NHKアーカイブス「おかあさんといっしょダットくん」
③1969年~1971年「とんちこぼうず」
「とんちこぼうず」は、今までの歴代人形劇のなかで唯一“人”が主人公となったもの。お寺の和尚さんと3人の坊主たちが、お寺で起こる出来事を楽しく解決していくお話です。

放送期間は1年5ヶ月と、人形劇のなかでは最短。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.