子育て情報『​​朝の定番“ハムエッグトースト”にあうお味噌汁は? たっぷり旬野菜を使ったレシピ』

2020年5月5日 09:00

​​朝の定番“ハムエッグトースト”にあうお味噌汁は? たっぷり旬野菜を使ったレシピ

​​朝の定番“ハムエッグトースト”にあうお味噌汁は? たっぷり旬野菜を使ったレシピ


誰でもつくれる手軽さとシンプルさが魅力のハムエッグトースト。チーズやマヨネーズを乗せてもおいしいですよね。でもそれだけだと栄養が偏ってしまいそう…。そこで今回は、味でも栄養面でも相性ピッタリの春野菜を使ったお味噌汁レシピを紹介します。お子さんがよく噛んで食べてくれるように、野菜のカットにもちょっぴり工夫を。

これまでの【パンにあうお味噌汁レシピ】はこちら

バター醤油香るハムエッグトースト

調理時間5分

材料1人分

* 食パン1枚
* 卵1個(冷蔵庫から出したて)
* ロースハム1枚
* バター10g
* 醤油少々

画像1: バター醤油香るハムエッグトースト


目玉焼きは「オーバーイージー」という焼き方にします。黄身が半熟の両面焼きです。サニーサイドアップ(片面焼き)よりも短時間でつくれます。バターはサラダ油やオリーブオイルなど、植物性油でももちろんOK。その場合、量はフライパンに薄く敷く程度です。

画像2: バター醤油香るハムエッグトースト


1.食パンをオーブンまたはトースターで焼く。カリカリがお好みなら8枚切り、ふわふわの食感も残したいなら5〜6枚切りで。ご自宅にあるパンでかまいません。バターを折り込んで焼かれたデニッシュ食パンもリッチな味わいでオススメです。

2.卵とハムを焼いていきます。フライパンにバターを熱し、バターがシュワシュワと泡立ってきたら卵を落とします。中火で約1分。空いているスペースでハムも焼きましょう。ハムは焼きすぎると固くなってしまうので、「温める」イメージで火を入れます。

画像3: バター醤油香るハムエッグトースト


3.卵は白身に8割ほど火が入ったらひっくり返します。周りから醤油を回しかけて少し絡ませたら出来上がり。ハムと重ねて、トーストに乗せます。

醤油を使うことでハムエッグトーストが「和」に寄って、ぐっとお味噌汁との相性がよくなります。フライパンの上で卵と絡めることで香りが立ち香ばしさもアップ。

桜海老とアスパラガス、春レタスのお味噌汁

調理時間10分

春に出回る新レタスは苦味が少なく甘さとみずみずしい柔らかさが特徴。生でももちろんおいしいですが、お味噌汁に入れることで量もたくさん食べられます。グリーンアスパラガスはあえて繊維を残すカットにすることで咀嚼回数を増やす目的が。噛むことは脳の活性化や虫歯予防、免疫力のアップなどお子さんの健康と成長に欠かせません。

材料2人分

* 春レタス大きめの葉2枚(約80g)
* グリーンアスパラガス細め2本
* 干し桜海老大さじ2
* 水400cc
* ほんだし小さじ0.5
* 味噌大さじ1.5

画像: 桜海老とアスパラガス、春レタスのお味噌汁


アスパラガスの産地として有名なドイツやイタリアでは、アスパラと卵の組み合わせはもっともポピュラーな食べ方のひとつ。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.