子育て情報『オンライン×反転学習×創造的な学びで、自宅にいても意味のある学びができる』

2020年5月29日 09:00

オンライン×反転学習×創造的な学びで、自宅にいても意味のある学びができる

オンライン×反転学習×創造的な学びで、自宅にいても意味のある学びができる


緊急事態宣言も明け、学校も6月から再開されることとなりました。しかし、秋には第2波が来ると言われ、同じような事態が今後も起きうる可能性が高いです。そんなときに備えて、オンラインでの学びを今一度見直してみましょう。

これまでの【プログラミング教育のホントのところ】はこちら

休校中のプログラミング学習を考える

画像: 休校中のプログラミング学習を考える


3月中旬から続いた学校の休校措置。2020年度は小学校で新しい学習指導要領に基づいた新しい学びがはじまるはずでした。しかしその出鼻は完全にくじかれ、日々の学びを続けていいくことすら危うい状況になってしまいました。

新学習指導要領の大きなポイントは、「主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)」の実現、道徳・外国語(英語)の教科化、そして本連載で取り扱っているプログラミング教育の導入でしたが、オンライン上で完全実施するには、まだまだ課題が山積していると言わざるを得ない状況です。

子どもたちが、自宅にいながらもプログラミングを学ぶ環境を整えるにはどうすればいいでしょうか。今回は、プログラミング教育を推進しているみんなのコードと、筆者が代表を務めるInnovation Powerが協力して取り組んでいる、休校中の子どもたちがプログラミングを学べる環境を届けるプロジェクトについて紹介します。

オンライン×反転学習×創造的な学び

画像: オンライン×反転学習×創造的な学び


オンライン授業では、これまでオフラインでやっていたような授業をそのまま成立させるのは、大変難しいと言えます。先生が一方的に話すような授業では、子どもたちはすぐに飽きてしまいますし、かといってグループワークをたくさん取り入れる形の授業は教師のオンラインスキルがないと成立しません。

ましてや、プログラミングをオンライン授業のスタイルで進めるのはとても大変です。子どもたちのできない、動かないという声をすべて聞いて解決するだけで、あっという間に授業時間は終わってしまいます。今回のプロジェクトでは、オンライン×反転学習×創造的な学びをキーワードとして、子どもたちが自分たちでどんどん学んでいくためにどうすればよいか、埼玉県のとある小学校の子どもたちと一緒に取り組みました。

本プロジェクトは、月曜日から金曜日までを1週として、3週間続けて取り組みます。毎週月曜日の朝にその週のお題とつくり方動画が子どもたちに送られます。自分でつくれる子は1週間かけてどんどん自由に取り組んでもらい、そうでない子も筆者が収録したつくり方動画を見て、まずは自分でつくってもらいます。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.