子育て情報『数学と音楽の楽しさを五感で感じる「メディアアート」 ジャズピアニストで数学研究者・中島さち子さんの挑戦』

2020年6月22日 09:00

数学と音楽の楽しさを五感で感じる「メディアアート」 ジャズピアニストで数学研究者・中島さち子さんの挑戦

数学と音楽の楽しさを五感で感じる「メディアアート」 ジャズピアニストで数学研究者・中島さち子さんの挑戦


プログラミングを身近に感じてもらうためにはじまったこの連載。今回はジャズピアニストでありながら数学研究者の中島さち子さんに、プログラミングを学ぶの楽しさについてうかがいました。

これまでの【やらずに死ねないプログラミング】はこちら

国際数学オリンピック金メダリストにしてジャズピアニスト

この連載では、忙しい社会人や非理科系の学生さんなど、プログラミングから少し距離があってもプログラミングに挑戦し、自分らしい楽しさを発見したり、学びのきっかけをつくったりする方法について紹介してきました。

今回お話をうかがった中島さち子さんは、国際数学オリンピック金メダリストにしてジャズピアニストという異才の持ち主。STEAM教育家としても活動しつつ、2年前からはニューヨーク大学芸術学部の修士課程であるITPに留学し、プログラミングやデジタルデバイスを駆使したアートや演奏装置の開発に取り組んでいます。

意外にも、プログラミングは入学後に本格的に取り組んだという中島さん。数学、音楽、テクノロジーを横断して活動する思いや、プログラミングを学ぶの楽しさについてうかがいました。

数学と音楽の楽しさを五感で感じる「メディアアート」 ジャズピアニストで数学研究者・中島さち子さんの挑戦

中島さち子さんプロフィール
1979年大阪府出身。幼少からピアノ、作曲に親しむ。14歳より数学や読書に傾倒し、高校2年のとき、国際数学オリンピック金メダルを獲得。東京大学理学部数学科在学中にジャズに魅せられ、卒業後はジャズピアニストとして活躍。作曲も手がける。2年ほど、プレイフルで横断的創造的な遊びと学びの場(STEAMの学び)を提案する「株式会社 steAm」の経営に尽力する傍ら、ニューヨーク大学 Tisch School of the Arts の Interactive Telecommunications Program(※1) に留学。ニューヨークと東京を行き来しながら、アートとテクノロジーの狭間(メディアアート)について学びを深め、最近卒業し、日本に帰国。

※印の箇所について詳しく知りたい方は、記事末尾の参考情報をご覧ください。

自分の専門性と社会経験のつながりを拡張するために、新たな学びの場所へ

——数学、音楽、STEAM教育家へと道を歩んでこられて、さらにテクノロジーとアートを学ぼうと思ったきっかけは何でしたか?

中島まず、STEAM教育に興味を持ち始めたきっかけは、「横断的な学びの楽しさ」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.