子育て情報『withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート』

2020年8月27日 12:00

withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート

withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート


今回夏休みを生かして、子どもたちと一緒にEnglish Programを導入しているバンコクの学校2校を巡りました。なぜこの時期に教育移住がオススメなのかもあわせてレポートします。

これまでの【海外×教育移住】はこちら

魅力ある現地のEnglish Program導入校

タイ・バンコクをはじめ、諸外国の現地校には、母国語教育の通常学校でも、English Programを導入しているところ(以下、EP導入校)があります。

日本にいると、この現地校×英語クラスといった「合わせ技」の学校はあまりなじみがないため「どういう仕組みなんだろう?入学試験は現地の言葉なのかな?」という混乱が生じますが、それはまったくの杞憂。日常語程度の英会話がそれなりにできる人にとっては、控えめにいって最高の学校システムでした。

実際のEP導入校の様子

今回、夏休みを生かして、実際に子どもと現地の学校巡りを決行しました。計6校のEP導入校を訪問。そのうち米式、英式を採用している2校の現地の様子を、校舎や教室の写真を交えつつ写真でミニレポートします。

Chandamanee English Program

米式のカリキュラムで、日本人の生徒も数人在籍している学校です。実際に英語のクラスとサイエンスのクラス(P1)に参加しましたが、先生と生徒の関係も風通しがよく、新しく来た子を歓迎することにも慣れていて、フレンドシップ形成の文化がきちんとあります。非常に明るい学校の印象をもちました。カフェテリアや購買もあり、学校生活も楽しそうです。

withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート


Praharu Thai Covent School

英式のカリキュラムで、こちらの学校にも日本人の在籍実績があるそう。校舎はかなり広く、入り口から入って赤い建物が、教務室のあるEPの学舎です。クラスルームの雰囲気は、インター校とあまり変わりがなく、和気あいあいとした授業が繰り広げられている印象でした。

withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート
withコロナ時代の教育移住は今がチャンス バンコクで英語プログラム(EP)を導入している2校をフォトレポート


バイリンガルスクールとは違うの?

バイリンガルスクールは、インターナショナルスクール(以下インター校)の内容を、英語と現地語に翻訳された教科書で、50:50に使用します。基本的には、親御さんが国際結婚している家庭向けのカリキュラムです。インター校やEP導入校より、はるかに学費が安いのが特徴です。整った環境で、本格的な英語教育を受けられるので、コストパフォーマンスの面では魅力的に映ります。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.