子育て情報『ママ友との考え方の違いに“モヤモヤ”したら?  “モヤモヤ”を“モヤモヤ”のままにしない方法』

2020年7月17日 09:00

ママ友との考え方の違いに“モヤモヤ”したら?  “モヤモヤ”を“モヤモヤ”のままにしない方法

ママ友との考え方の違いに“モヤモヤ”したら?  “モヤモヤ”を“モヤモヤ”のままにしない方法


子どもに感情的になってしまって、こんなときどうしたらいいの?……など、今子育てに奮闘しているママさんとパパさんのお悩みに、子育てアドバイザーの高祖常子さんが、その解決のためのヒントを伝授します。第一回目のテーマは、考え方の違うママ友と、どのようにつきあっていけばよいかについて。

新連載【子育てアドバイザー高祖常子さんに聞く「イライラしない子育て」】はこちら

多くの情報で不安が大きくなる

画像: 多くの情報で不安が大きくなる


政府から新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出されたのは2020年4月7日~5月25日。この期間を中心に、登園自粛や学校休校の要請が出されました。公共施設も封鎖され、自治体によっては公園の遊具も使用禁止に。法的な規制は行われない中でも「買い物は1人または少人数で空いている時間に」「不要不急の外出を控えましょう」というメッセージが流れ続けていました。

TVやインターネットでは、連日感染者数や死者数が報道され、未知のウイルスであることから、さまざまな情報が飛び交いました。ママは自分の身だけでなく、子どもの身近に迫る感染のリスクに、ニュースを見ながらハラハラドキドキしていたのではないでしょうか。

そもそも子育てをするママにとって、子どもの命や健康を守りたいという気持ちは大きくあるものです。次々と出される情報に戸惑ったり、不安になったりするのは、子どもを大事に思っているからこそです。

大きな変化で起こる“モヤモヤ”

画像: 大きな変化で起こる“モヤモヤ”


感染症や災害など社会に大きな変化のあるときには、平時よりも人それぞれの考え方の差が明確になります。夫婦間はもちろんのこと、同じ子をもつママ友同士でも、ちょっとした考え方の違いが大きな差となって感じるということです。

今までは仲よく遊んでいたのに、子ども同士が一緒に遊んだり、しゃべったりするだけで心配になったり。公園の遊具に触るだけでも心配になり、遊ばせることをためらったり。逆に、あまり気にせずに公園で遊ばせている親子に対して、嫌な気持ちをもってしまうことも。たとえば自分は我慢しているのに、ほかの人が我慢していないことを見たり聞いたり感じたりして、イライラしてしまったことはありませんか。それは、考え方の違いや、頑張っている自分と相手との間にズレを感じて起きる嫌悪感です。そしてそれが、ママ友との亀裂になってしまうこともあります。

“モヤモヤ”を具体的に考える

画像: “モヤモヤ”を具体的に考える


“モヤモヤ”がたまると、怒りとして爆発してしまうことがあります。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.