子育て情報『保育園に行きたくない! 子どもがぐずったり泣きわめいたりしたときは?』

2020年10月6日 11:30

保育園に行きたくない! 子どもがぐずったり泣きわめいたりしたときは?

保育園に行きたくない! 子どもがぐずったり泣きわめいたりしたときは?


保育園に行くとき、または預けるときに、ぐずったり泣きわめいたりして困る。そんな経験をしているママも多いのではないでしょうか。もう保育園まで来ているのに……。また、仕事に遅れてしまいそうで、苛立つこともあるでしょう。このようなとき、どう考え対応したらよいのでしょうか。子育てアドバイザーの高祖常子さんにその対処法について聞いてみます。

なぜ保育園に行くときに泣くの?

「子どもが保育園に行くときに泣く」状況は、大きく2パターンに分けられます。

1. 保育園に着いて離れるときに泣く
2. 家を出る前に泣く

年齢にもよりますが、0歳、1歳などの預けはじめの時期には、1.の「保育園に着いて離れるときに泣く」が多いです。ママやパパに抱っこされていて、保育士さんにゆだねられるときに大泣きする。

子どもとしては、やはりママやパパと一緒にいることは、「安心で安全」が確保された状態です。よくわからない保育園という「場所」で、まだよく知らない「人」である保育士さんにゆだねられ、不安でいっぱい。親は、保育園が安心で安全な場所と知っていますが、子どもにはわかりません。泣くというのは、「不安や心配」のメッセージです。

2.の「家を出る前に泣く」は、「園に行く」「親と離れる」と先の状況がわかっているということ。これは2歳、3歳くらいの子どもに多いと思います。「今日も保育園に連れていかれる」と感じ、それに対して抵抗している行動です。泣いたりぐずったりして、そもそも出かける支度をしなかったり。

理由としては「家で遊びたい」「もっとママやパパと一緒にいたい」ということもあります。「先生に叱られた」「友だちがいじめてくる」「給食が苦手」などの園生活の困りごとが原因であることも考えられます。

泣く子どもに、どう対応する?

画像1: 泣く子どもに、どう対応する?


泣いたりぐずったりしたとき、やってしまいがちなNG行動は、以下です。

* 「いい加減にしなさい!」などと怒鳴りつける。
* 「保育園行かないなら、家に置いていくよ!」などと脅す。
* 「まだ小さいから、言ってもわからないし……」と、保育士に託して黙って去ってしまう。

泣いたりぐずったりは「不安や心配」の表現です。上記の行動は、子どもの不安や心配を助長させてしまいます。

もし時間があれば、少し落ち着くまで抱っこして、話しかけるのがオススメです。子どもに「大丈夫だよ」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.