子育て情報『インド伝統楽器「シタール」の音色に導かれた小学生演奏家 好奇心を見守る親の眼と審美眼を育てる大切さ』

2020年12月19日 11:00

インド伝統楽器「シタール」の音色に導かれた小学生演奏家 好奇心を見守る親の眼と審美眼を育てる大切さ

とはにかむショウタくん

ダイキチさんのコンサートにフロントアクトとして3度目の出演。しかしそれまでには葛藤も

「シタレレは楽しいし、ダイキチ先生は優しい。いつかはシタールも弾いてみたいと思っています」

周囲の大人の予想以上にシタレレを楽しんでいるショウタくん。今はダイキチさんのコンサートのフロントアクト(前座)のメンバーとして出演することもあるほどですが、それまでには自分の中に葛藤もあったようです。

「(ショウタは)自分では気づいていないようだけど、それまで楽しそうに毎日弾いていたシタレレに距離を置いていた時期がありました。“音が合わない”という感覚があったみたいで。スランプですね。ダイキチ先生をはじめとする皆さんに優しくし見守っていただいて乗り越えられましたが、表現活動をする上でこれから何度も来るであろう葛藤の中に初めて踏み込んだのだと思います」

未来さんは「ショウタはよい大人に恵まれている」と、しきりに周囲への感謝の言葉を口にしていました。

シタレレは、アジア人としての源流に誰でもコネクトできる楽器

画像: ダイキチさんと数多のステージをともにしてきたシタール。自身の手でエレクトリックに改造されている。

ダイキチさんと数多のステージをともにしてきたシタール。自身の手でエレクトリックに改造されている。

画像: シタール奏者のダイキチさん

シタール奏者のダイキチさん

「シタールの練習は、師匠から弟子へ口伝(くでん)で行われます。譜面に起こすことももちろんできますが、体験したほうが早いんですね。もともとアジア人、とくに日本人は曖昧で抽象的な表現を好みます。シタレレは誰でもアジア人に備わっている精神や文化を感覚的に演奏に落とし込んで楽しむことができる、というのがコンセプト。ただ、僕自身ギターも弾くということもあって、シタレレはギター的表現もできるようにしています」

インド伝統音楽の、難しさも愉しさも知っているダイキチさんだからこそ、作ることができたシタレレ。「ショウタくんを中心に、シタレレから音楽に触れる子どもたちが増えてくれたら」とダイキチさんは期待しています。

画像1: シタレレは、アジア人としての源流に誰でもコネクトできる楽器


取材を行ったこの日は、ダイキチさんのシタールソロコンサートの当日でした。

フロントアクトではダイキチさんと、ショウタくん、同じくシタレレのレッスンを受けているマイさんも加わり、3人で演奏。緊張した様子も見せず、淡々と演奏するショウタくん。演奏曲は、ダイキチさんが作曲し、ショウタくんがタイトルを付けたものでした。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.