子育て情報『将来、学生の65%は今存在しない職業に就く。littleBits創始者アヤ・ブデールの「未来予想」』

2019年11月11日 15:00

将来、学生の65%は今存在しない職業に就く。littleBits創始者アヤ・ブデールの「未来予想」

将来、学生の65%は今存在しない職業に就く。littleBits創始者アヤ・ブデールの「未来予想」


「ロボット農家」「ゲーマーセラピスト」……、2030年までには私たちの周りには今まで予想もできなかった職業が誕生するでしょう。ではそんな将来を担う子どもたちにどんな準備をしてあげればいいのでしょうか。littleBitsの創始者であるアヤ・ブデールの未来予想に、そのヒントがありそうです。

これまでの【littleBits編集部】の記事はこちら

2030年にはどのような職業が存在しているかわからない

皆さん、こんにちは。ブロックをつなぐだけで電子回路の仕組みが学べる電子モジュールキット「littleBits」の会社を創設したアヤ・ブデールです。

ところで最近、ハーパー・リー作の「アラバマ物語」という本を読みました。この本の中には、昔はじめて読んだときには共感できなかった部分がありましたが、今読むととても共感できます。

この物語の中で、ジェムとスカウトは人生ではじめて降った雪のあと、雪だるまをつくりたくなります。しかし雪だるまに必要な雪は充分にありません。そこでジェムは、土台を泥でつくって外側を雪で覆うというアイデアを思いつきます。彼らの父、アクタスは彼らのおもしろいアイデアにくすぐられ、こう言います。「これから君たちが将来どうなるかはまったく心配はいらない。君たちはいつもアイデアをもっているからね。なにを目指すかはわからないけど、エンジニア、弁護士、肖像画家、なんでもなれるはずだ」

この一節は、私にとって教育に対する考え方を変えていく重要性を非常に明確に示しています。私たちは21世紀の子どもたちのためにいろいろな準備をする必要がありますが、エンジニア、医者、ソフトウェア開発者など、今ある職業の人材を増やすための教育は必要ありません。

大事なことは、2030年にはどのような職業が存在しているかわからないということです。私が生きている間にも、実際にテレフォンオペレーターや旅行代理店のような安定した職業が、テクノロジーの発展により、データサイエンティストやソーシャルメディア・ストラテジスト、UXアーキテクトなどの新しい職業の誕生で、時代遅れになっていく姿を見てきました。

将来誕生する職業、キャリアはなにか

アメリカ合衆国労働省の調査によると、現在学生の65%は現状まだ存在していない職業に就くと言われています。私ははじめに2030年のキャリア、職業はどのようなものになるか想像しながらこの記事を書きはじめました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.