子育て情報『プログラミングで絵を描く? 飽きずに長続きする秘訣は「遊び」にあり!【やらずに死ねないプログラミング】』

2020年2月13日 20:00

プログラミングで絵を描く? 飽きずに長続きする秘訣は「遊び」にあり!【やらずに死ねないプログラミング】

プログラミングで絵を描く? 飽きずに長続きする秘訣は「遊び」にあり!【やらずに死ねないプログラミング】


前回の記事で、プログラミングを学びはじめるにあたって、明確な目的が絶対に必要かといえばそうではないということをお伝えしました。目的は大切ですが、まだ経験したことのない多くのことは、まず遊ぶように「いろいろなことを試す」ことが大事だということも前回の記事で触れたとおりです。では、そのような入り口はどこにあるのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。

* コンピューターで「遊ぶ」ことが大事。
* プログラミングで絵を描いてみよう。
* やり方次第で絵以外にも応用できる。

これまでの【やらずに死ねないプログラミング】はこちら

コンピューターという「道具」を遊ぶには

プログラミングで「絵を描く」ことはお勧めのひとつです。プログラミングで絵を描くというと、ピンと来ない人もいるかもしれませんが、ゲームやコンピューターグラフィック(CG)などは、プログラミングで描かれていることが多いです。

【コラム】なぜ絵なの?

絵を描くのであればプログラミングより、パワーポイントやお絵かきソフトを使って描いたほうが早いかもしれません。それなのにわざわざプログラミングで絵を描くことが必要なのでしょうか?どうせならプログラミングでコンピュータにもっと高度な計算をさせたいと思いますよね。

「絵」をプログラミングしてみる大きな利点は、絵は楽しいからとか、子どもでも理解できるからというだけではありません。結論を先に言ってしまえば、絵としての結果には多様性があるからです。言い換えるなら、プログラムは単純でも、その結果の絵は千差万別、作者の個性が出しやすいのです。

もう少し説明しましょう。結果が絵ではない場合、たとえば「あるクラス全員のテストの点数の平均値を求めるプログラム」があったとします。これには色々な書き方がありますが、正解はたった1つであって、正解と違う結果を出力するプログラムはすべて間違いです。

このように、計算で正しい答えを導くためのプログラミングは、学び初めのうちに覚えたプログラムを活かして創造的なトライ&エラーをするには、できることの幅が狭くあまり適さないのです。作ったものに自分の個性が映し出される経験は、ものづくりを学ぶ上でとても大切です。自分が書いたプログラムが意図通りであったり、意外な結果であったりすることを視覚を通じて認識し、再びプログラムにフィードバックする。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.