子育て情報『AIが苦手な“読解力”を身につけよう 近代文学読書のススメ』

2020年8月19日 12:00

AIが苦手な“読解力”を身につけよう 近代文学読書のススメ

AIが苦手な“読解力”を身につけよう 近代文学読書のススメ


AIが苦手なものの一つに、文学作品の深い意味を読みとる読解力があります。なぜかというと、AIには感性がないからです。今回はそのあたりをひもといていきましょう。

これまでの【出口式「論理エンジン」の考え方】はこちら

文学自体が消滅!?

画像: 文学自体が消滅!?


近ごろ、文学が読まれなくなり、文学自体が消滅の危機を迎えていると言われています。

近代文学は、主に明治の初めから戦後にかけての作品です。そのころはいつも戦争があり、明治維新、戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦と、ほぼ十年ごとに日本中が大きな戦争に巻き込まれました。

作家自身が直接戦争に行かなくても、家族が友人、知人の誰かが戦争に行き、人を殺したり、殺されたりしたはずです。つまり、あの時代を生きていた人にとって、戦争はリアルであり、現実そのものでした。当然、作家の死を見る視線は今とは大きく異なっていました。

また当時の死因の第一位は結核でした。結核は伝染病であり、致死率はコロナよりもはるかに高いです。とくに若い人たちの間に伝染し、多くの作家たちがその病のために命を絶ちました。戦争や死、病を身近に感じ、そうした状況の中で人生や世界を深く見つめ、それにふさわしい表現方法を模索した作家たちの作品は、やはり読むべき作品なのです。

誰でも安価に文学が読める時代

画像: 誰でも安価に文学が読める時代


私は学生のころ、なけなしのお金をはたいて、夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介、太宰治、川端康成と、次々と文学全集を購入しました。これらの書物の重量感は圧倒的であり、引っ越しのたびに何十箱の段ボールに詰め込んで運びました。地震の際には棚から落ちてきて、危うく命を落としそうになったこともありました。それでも、やはりこれらを捨てるには忍びなかったのです。

ところが、今Kindleでこれらの全集を信じられないほどの安価で購入できます。森鴎外も、夏目漱石も芥川龍之介も、99円から199円ですべてに手に入ります。私のスマートフォンには、さまざまな作家の全集が何千冊と入っていて、いつでも手軽に楽しめます。それなのに多くの人たちはこうした楽しみを自分のものにすることはありません。なぜでしょうか。

それは、今や文学作品を読めなくなっているからです。読んでも理解できないか、おもしろいと感じないから。これほどもったいないことはありません。そうなると、語彙力も、読解力も、思考力も、表現力も身につきません。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.