子育て情報『子育ての“あるある”や“悩みごと”を川柳にして、3万円分のアマゾンギフト券をゲット! 第一回 子育て川柳コンテスト』

2020年10月15日 08:00

子育ての“あるある”や“悩みごと”を川柳にして、3万円分のアマゾンギフト券をゲット! 第一回 子育て川柳コンテスト

子育ての“あるある”や“悩みごと”を川柳にして、3万円分のアマゾンギフト券をゲット! 第一回 子育て川柳コンテスト


バレッドプレスでは、子育ての「あるある」や「悩み事」など、広く育児にまつわることをテーマにした川柳を募集します。最終週作品にはなんと3万円分のアマゾンギフト券をプレゼント。以下の応募フォームから奮ってご応募ください。

第一回 子育て川柳コンテスト概要

主催:VALED PRESS

募集期間:2020年10月15日〜11月15日

賞と賞金:最優秀賞(1名)3万円分のアマゾンギフト券、審査員賞(4名)5000円分のアマゾンギフト券

応募資格:不問

応募方法:以下の応募フォームよりご応募ください。

審査員

画像1: 子育ての“あるある”や“悩みごと”を川柳にして、3万円分のアマゾンギフト券をゲット! 第一回 子育て川柳コンテスト

高祖常子

子育てアドバイザー、キャリアコンサルタント。NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。

資格は保育士、幼稚園教諭2種、心理学検定1級ほか。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事ほか各NPOの理事や行政の委員も務める。子育て支援を中心とした編集・執筆ほか、全国で講演を行っている。著書は『男の子に厳しいしつけは必要ありません』(KADOKAWA)、『感情的にならない子育て』(かんき出版)ほか。3児の母。

画像2: 子育ての“あるある”や“悩みごと”を川柳にして、3万円分のアマゾンギフト券をゲット! 第一回 子育て川柳コンテスト

鎌田高広

コピーライター。宣伝会議コピーライター養成講座修了後、出版社、広告制作会社勤務を経て、1994年に地元仙台で「鎌田高広事務所」を開所。日本グラフィックデザイナー協会会員。「デザイングランプリTOHOKU 」審査委員。

「女川ポスター展」総選挙第1位

*月刊商業界「第1回看板大賞」入賞

*APA(日本広告写真家協会)広告写真部門入選

子育ての“あるある”や“悩みごと”を川柳にして、3万円分のアマゾンギフト券をゲット! 第一回 子育て川柳コンテスト

小寺良伸

ライター/コラムニスト。18年間テレビ番組制作者を務めたのち、文筆家として独立。家電から放送機器まで幅広い執筆・評論活動を行なう傍ら、シングルファーザーの生活を綴ったコラムニストとしても活躍。プライベートでは子供会会長、PTA広報部長などを歴任し、保護者活動の合理化・IT化に取り組む。2008年よりインターネットにまつわる諸問題の解決に取り組む一般社団法人「インターネットユーザー協会」代表理事。2015年から2019年まで、文科省文化審議会専門委員を務める。

住田千恵

コピーライター。屋号は「epice(エピス)」。幼児教室や音楽教室など子育て系のクリエイティブに多く携わる。次女は中2の反抗期真っ盛り。ペットのウーバールーバーが日々の癒やし。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.