子育て情報『スマホは子どもに悪影響!? 保護者の60%以上が「スマホ教育恐怖症」【寺島絵里花の子どもメディアリテラシー講座】』

2019年9月24日 14:00

スマホは子どもに悪影響!? 保護者の60%以上が「スマホ教育恐怖症」【寺島絵里花の子どもメディアリテラシー講座】

スマホは子どもに悪影響!? 保護者の60%以上が「スマホ教育恐怖症」【寺島絵里花の子どもメディアリテラシー講座】


スマートフォン(スマホ)が生活の中に入り込んできて数年が経ちました。今では生活だけでなく、育児や教育の中にもスマホは溶け込んでいます。しかし一方で、親御さんの多くは「子どもにスマホを持たせたくない」と思っているようで……。

育児には欠かせないスマホ

画像: 育児には欠かせないスマホ


先日、電車内でこのような光景を目にしました。

診察券を片手にスマホをいじっているお母さんのそばに、鬼の形相をしたおばさまがやってきて、「スマホばっかり見て、あなたが見るのは子どもよ!」と捨て台詞を残して駅を降りていかれたのでした。お母さんが涙目になっているのを見て、大丈夫でしたか?と声を掛けたところ「病院で子どもがグズらないように、待ち時間を確認していただけなのに…」とおっしゃっていました。

もしかすると育児中の保護者は、一度は経験したことがあるかもしれません。スマホを見ているだけで、見知らぬ方からご注意を受けたことはありませんか?または、なんとなく公共施設でスマホを使うことを心苦しく感じたり、とまどったり。

スマホは今や、乳幼児期の保護者にとっても、なくてはならない家電のひとつ。妊活時期から妊娠についての情報収集、産院選びやお産のお役立ちブログ、ベビー用品の口コミ、名づけや字画……などいろいろ調べるでしょう。出産してからは、産後ケア、健診の予約、保活について、保育園や幼稚園の回覧板や連絡アプリ、カレンダー機能、献立チェック、お祝い行事の予約、かわいい我が子の成長アルバム……予防接種や病気になると病院の予約を取るのもスマホひとつで完結します。

まだ子どもが小さい時期は、わざわざパソコンの電源を入れてゆっくり操作する時間さえないので、片手で使えてすべて完結するスマホなしには、生活は成り立たないと言っていいほどです。

子どもにとってもスマホは身近な存在

画像: 子どもにとってもスマホは身近な存在


では、子どもはどうでしょうか。子どもは生まれたその日から、親がスマホを使っている姿をずっと見続けています。とても便利で楽しそうなスマホについて、興味を抱かない子どもはいないでしょう。

誰も教えていないのに、すでに我が子はスマホをスワイプできるようになっていて、驚いたお母さんやお父さんもたくさんいると思います。日々、ちょっとした隙間時間にスマホを子どもに手渡して、動画やアプリを使ってグズらないように時間を過ごすことはきっとありますよね。夏休みや年末年始など故郷に帰省する際に、飛行機や新幹線など子どもが静かに過ごせるようにと、スマホやダブレットにお世話になっている家族をよく見かけます。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.