子育て情報『当時の自分を魅了したApple IIの「ロボットオデッセイ」 そこにはプログラミング的思考の原点があった』

2020年7月10日 09:00

当時の自分を魅了したApple IIの「ロボットオデッセイ」 そこにはプログラミング的思考の原点があった

当時の自分を魅了したApple IIの「ロボットオデッセイ」 そこにはプログラミング的思考の原点があった


元月刊アスキー編集長の遠藤諭さんがはじめて買ったパソコンは「Apple IIc」。そこから現在のプログラミング教育に思いを馳せます。そのきっかけは「ロボットオデッセイ」。

その他の【遠藤諭の子どもプログラミング道】はこちら

子どものプログラミング入門に最高だと思う“35年前のゲーム”が復刻されていた

私がはじめて買ったパソコンは、「Apple IIc」という1984年にアップル(当時はアップルコンピューター)が発売した8ビットコンピューターでした。当時、私はプログラマーとして仕事をしていたのですが、アスキーに入社して『月刊アスキー』に配属されたのと前後して、この米国製コンピューターを買ったのでした。

国産パソコンではなくApple IIcを買った理由は、その上で走らせることのできるソフトウェアの世界に魅力を感じたからでした。ごく最近、そのときの気持ちをリアルに蘇らせてくれる体験をしたので、それについて今回は書かせてもらいます。少し前に、本を整理していたら「Apple IIc」を買ったらついてきた『はじめてのあっぷる』という冊子が出てきたのがきっかけでした。

“子ども”のユーザーを想定した『はじめてのあっぷる』

当時の自分を魅了したApple IIの「ロボットオデッセイ」 そこにはプログラミング的思考の原点があった

『はじめてのあっぷる』。絵本的なストーリーからはじまり、フロッピーの整理の仕方やキーボードの使い方、コピーの問題など、コンピューターとの付き合い方までていねいに触れられている。当時、アップル製品を国内販売していたキヤノン販売が作ったものでEditorial DirectionでIzumi Aizuとある

『はじめてのあっぷる』は、平仮名でタイトルがあるとおり、“子ども”のユーザーを想定した内容の本です。「Apple II」は、1976年に発売されて大ヒットしたシリーズで、米国では小学校に浸透しており、“子どものためのコンピューター”のお手本みたいな感じがあったと思います。同じく1984年には、アップルが「Macintosh」(Macの先祖)を発売したので、大人はMacintosh、子どもはApple IIみたいな営業方針があったのかもしれません。ところが、私には爛熟期のApple IIのソフトウェアの世界の奥深さのほうに魅力を感じたのでした。なにしろ、ソフトウェアの数が多いので泡沫的なソフトからその後の1ジャンルを生み出すきっかけとなった画期的なソフトまであります。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.