子育て情報『コロナ禍の在宅勤務で子どもにイライラ・夫にイライラ』

2020年9月24日 11:30

コロナ禍の在宅勤務で子どもにイライラ・夫にイライラ

コロナ禍の在宅勤務で子どもにイライラ・夫にイライラ


働くママの中には、コロナ禍で在宅勤務になっている方もいるのではないでしょうか。子どもの通園や通学は、少しずつ日常に戻りつつあるようですが、行事の中止などもあり、今まで通りではないことも多いですよね。そんな中で感じるイライラやストレスをどのように考えたらよいのでしょうか。

画像: コロナ禍の在宅勤務で子どもにイライラ・夫にイライラ

著者紹介
高祖常子(こうそ・ときこ)

子育てアドバイザー、キャリアコンサルタント

資格は保育士、幼稚園教諭2種、心理学検定1級ほか。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事ほか各NPOの理事や行政の委員も務める。子育て支援を中心とした編集・執筆ほか、全国で講演を行っている。著書は『男の子に厳しいしつけは必要ありません』(KADOKAWA)、『感情的にならない子育て』(かんき出版)ほか。3児の母。

突然、在宅勤務になるストレス

今回のコロナ禍で在宅勤務になった方のほとんどは、「突然」そうなったのではないでしょうか。在宅勤務に関しては、メリットもデメリットも多くの声を聞いています。

メリット

* 通勤時間がなくなり、その分の時間を有効活用できること

デメリット

* そもそも在宅勤務に慣れていない(新しいPC操作などが負担)
* 仕事と家事・育児との切り替えが難しい
* 子どもも在宅の場合は、仕事が進まない
* 夫婦ともに在宅の場合の、家事・育児分担でイライラ

ほかにもいろいろあると思いますが、要は、今までと違った生活様式になったことによるストレスです。「大変」は「大きく変わる」と書きます。大きな変化が起こっているときは、それに合わせた体制を考えて工夫し、整える必要があります。

子ども・夫へのイライラと対処法

在宅勤務のストレスはいろいろありますが、ここでは、子どもや夫へのイライラポイントを中心に考えていきましょう。

子どもが「コロナやだ」など、どうしようもないことを言う

ママ自身も困っているところに、さらに不満をぶつけてきたら、困りますよね。でも、子ども自身もテレビや友だち同士の会話などから、いろいろな不安を感じているはず。不安な気持ちを受け止めつつ、「何がいやなのかな?」「何が一番心配?」と、子どもの気持ちを具体的に聞きながらほぐしていきましょう。

そのうえで、「手洗いをしっかりすると、コロナも近寄ってこなくなるんだって」などと、子どもにもわかる言葉で説明し、対策を伝えるようにしましょう。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.