子育て情報『“PISAショック”にだまされるな! 親にも必要なメディアリテラシー能力とは』

2020年2月24日 20:00

“PISAショック”にだまされるな! 親にも必要なメディアリテラシー能力とは

“PISAショック”にだまされるな! 親にも必要なメディアリテラシー能力とは


日本メディアリテラシー協会の代表理事を務める寺島さんいわく、子どもだけでなく大人にもメディアリテラシーの能力は必要だと言います。なぜ大人にも必要なのでしょうか?OECDが発表したPISAの結果をひもときながら、解説します。

* デジタルは“悪”なのか
* 新聞各紙が大々的に報道した「PISAショック」
* 保護者にもメディアリテラシー能力が必要

これまでの【寺島絵里花の子どもメディアリテラシー講座】はこちら

デジタルは“悪”なのか

画像: デジタルは“悪”なのか


連載の第1回目で、スマホやタブレットを我が子から遠ざけたいと願う保護者が多いことをお伝えしました。デジタルと子どもの距離感は、日本において否定的な意見が多いのが現状です。犯罪に巻き込まれるリスク、ネット依存、ゲーム中毒、SNSいじめなど、子どもがスマホやタブレットをもつと「危険」というイメージが蔓延っています。

しかしながら本当にそのままでいいのでしょうか。テクノロジーが普及した今、距離を縮めることが“善”ではなくても、“悪”のままでいいのかについては考えていかなくてはなりません。子どもとデジタルの距離を離しても、解決する問題ではないと筆者は考えています。

そして去年(2019年)末に、デジタルと子どもの関係について、驚くべき結果が出たことをご存じでしょうか。新聞やニュースなどでは、12月に連日報道されていましたが、年明け早々の講演会でその話をしても、ほとんどの保護者が知らなかったため、今回はそのお話をわかりやすくお伝えします。

新聞各紙が大々的に報道した「PISAショック」

画像: 新聞各紙が大々的に報道した「PISAショック」


それは「国際学習到達度調査(PISA※)」の結果について。経済協力開発機構、通称OECD※
が2000年から3年ごとに、15歳の生徒(日本は高校一年生)に実施している学力調査で、2018年度に開催され2019年に結果が発表されました。

※PISAは、Programme for International Student Assessmentの略称。※OECDは、Organisation for Economic Co-operation and Developmentの略称。

その結果、日本は読解力で平均点が落ち、順位も前回の8位から15位に下がったことが、各紙面でも大々的に報道されました。とくにPISAショックといった言葉が使われ、それについての是非はともかく、教育業界は大きな話題となりました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.