子育て情報『ジェンダー格差を乗り越えて「対話」は可能 タイ・バンコクでOriHimeと過ごして気づいた大切なこと』

2020年5月21日 09:00

ジェンダー格差を乗り越えて「対話」は可能 タイ・バンコクでOriHimeと過ごして気づいた大切なこと

ジェンダー格差を乗り越えて「対話」は可能 タイ・バンコクでOriHimeと過ごして気づいた大切なこと


の記事で、障害者雇用のカフェ「60+ベーカリー&カフェ」に出かけた様子をお伝えしましたが、今回はタイ政府の障害者エンパワメント局に「OriHime」を連れて行ったときのお話をします。

これまでの【海外×教育移住】はこちら

タイ政府・障害者エンパワメント局への訪問

前々回の記事に引き続き、ゼネラルパートナーズの長谷川まろさん(以下、まろさん)に同行取材したときの模様をお伝えします(取材自体は緊急事態宣言前に行っています)。

今回はいよいよ、タイ政府・APDCアジア太平洋障害者センター・障害者エンパワメント局(以下、エンパワメント局)の事務局と、「OriHime(オリヒメ)」についてお話しした内容をお届けします。事前に日本にいるまろさんから、取材申し込みを英文で入れていただいていたおかげで、スムーズにお話しをうかがうことができました(エンパワメント局の広報の方ともども感謝申し上げます)。

「OriHime」に対する反応

画像1: 「OriHime」に対する反応


まずは、普段まろさんがお仕事で使っている「OriHime」の紹介です。タイ国には初上陸かもしれません。2人いたエンパワメント局の職員の方は、実際のロボット型デバイスにとても驚いた様子。OriHimeのデモンストレーション動画も、食い入るように見入っていました。

オリィ研究所代表取締役CEOである吉藤オリィさんこと吉藤健太郎さん(以下、オリィさん)によって考案された「OriHime」は、当初パーキンソン病などで外出が困難な重度身体障害者用のために、コミュニケーションできるロボット型デバイスとして開発されました。

障害者の限られた身体機能を使って遠隔先のロボット型デバイスが操作できます。今では、仕事の協業相手とのコミュニケーションツールとしても、法人での契約が可能なほどにまで進化を遂げ、利便性も向上しています。

卓上型OriHimeは、音声機能からの情報伝達のほかに、「働く人のしぐさや身振りを再現する」という、非言語処理機能も搭載しています。テレワークをしている人が、遠隔で接客やものを運ぶなど、身体労働を伴う業務を可能にする「OriHime-D」もあり、遠隔操作で実店舗のカフェ従業員としてのお仕事を実現可能にしています。

画像2: 「OriHime」に対する反応


パーキンソン病のあるエンパワメント局の男性職員は、

[ 画像が省略されました ]
タイ国でも、障害者を「エンパワメントする」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.