子育て情報『みんな勘違いしていない?「プログラミング的思考」の本当の意味』

2019年12月25日 20:00

みんな勘違いしていない?「プログラミング的思考」の本当の意味

みんな勘違いしていない?「プログラミング的思考」の本当の意味


プログラミングをしないプログラミング教育は、はたして成立するのでしょうか?今回は「プログラミング的思考」という言葉について詳しく掘り下げ、結局のところなにをすればいいのかを考えてみたいと思います。

* プログラミングをしなくてもプログラミング的思考は育まれると解釈している人が多い。
* アンプラグドは低学年対象の授業などでは有効に機能するがそれで終わってはいけない。
* 今のプログラミング教育に欠けているのは、自分たちで手を動かしてモノを作る活動。

これまでの【プログラミング教育のホントのところ】はこちら

中京新聞に誤解を招きそうな「プログラミング的思考」記事が掲載

2019年12月13日に、中京新聞に「料理や買い物、良い訓練家庭で育てる『プログラミング』力」という記事が掲載されました。本記事では、料理の手順や買い物の手順などでプログラミング的思考が育まれる、といったことが書かれています。

画像: 料理や買い物、良い訓練家庭で育てる「プログラミング」力 より 中日新聞 2019年12月13日 www.chunichi.co.jp

料理や買い物、良い訓練家庭で育てる「プログラミング」力 より

中日新聞 2019年12月13日画像参照:https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019121302000001.html

しかしこの記事を読んだ読者は、プログラミングをしなくてもプログラミング的思考は育まれるから問題ないと解釈しかねません(なおこのような取材記事は、取材された側が伝えたいことと記者が伝えたいことが完全に一致しているとは限らないため、取材された方がこのような発言をしているとは限りません)。

「プログラミング的思考」教育

画像: 「プログラミング的思考」教育


プログラミング教育変遷の過程でプログラミング的思考という言葉が使われるようになったのは、二回目の有識者会議で、ソニーグローバルエデュケーションの磯津政明氏が次のように発言したことから始まっています。

プログラミング教育の本質がなんであるかというと、御存じのとおりコーディングというよりは、プログラミング的思考、先ほどもありましたが、コンピューテーショナル・シンキングと言われているところがプログラミング教育の本質ではないかと考えておりまして、この部分を強めるのが、プログラミング教育のあるべき姿だと感じているところです。この発言からわかることは、もともとプログラミング的思考は、コンピューテーショナル・シンキング(Computational Thinking)

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.