子育て情報『現役17ライバーに聞く! ライブ配信で気をつけるべき3つのこと』

2020年8月30日 11:00

現役17ライバーに聞く! ライブ配信で気をつけるべき3つのこと

特定の思想や信仰や信条に関わることや差別などは、不快感を与えてしまうので、十分の注意が必要です。

3つのこと以外にも、「自分は友だちにしか見えない鍵アカウントを使っているから、何を投稿しても大丈夫」と思っていませんか?今年、10代の子どもたちからいちばん多い相談は「投稿した写真をスクショされてほかの友だちに漏らされる」ということでした。

鍵アカウントだけれど、公開されたくないと思って悩んでいる人は多いのかもしれません。悪気がなくても、発信する(投稿)ときは、相手に確認することを忘れないでおきましょう。

そのほかにもセキュリティの問題で、自分のアカウントを乗っ取られてしまうなど、ネットに上がっているものが、絶対に拡散されないという保証はどこにもありません。どこに投稿するときでも「常に不特定多数に見られる危険がある」ことは意識しておくべきです。

ライブ配信を盛り上げるコツ

画像1: ライブ配信を盛り上げるコツ


一方で、国内外で知り合うことのなかった人と巡り合えたり、自分を知ってもらえたりすることは、SNSやライブ配信アプリを使うことの大きなメリットであり、楽しみでもあります。今回インタビューしたかほさんも、素敵な出会いやイベントに登壇する機会があり世界が広がったそうです。

しかしどういったツールであれ、メリットがあればデメリットも必ず存在します。ライブ配信するときのコツについてもうかがいました。[ 画像が省略されました ]
かほさんライブ配信が盛り上がるコツとしては「台本がないこと」だと思います。台本がなくて、構成もなく、リスナーの方々とリアルタイムで会話を楽しむと、とても盛り上がりますよ。とくに「投げ銭」といって、ライバーを直接応援できる機能を多くのリスナーが使っています。投げ銭をすると、ライバーがリスナーの名前を呼んだり感謝を伝えられるので親近感がわくようです。

今年コロナに入ってから、Google Trendsのキーワードでも「投げ銭」という言葉がよく検索されており、投げ銭デビューした人もいるかもしれません。今までは、ネット上でデジタルコミュニケーションがとれる場所でしたが、そこに課金も手軽に行えるようになり、新しい「応援」ビジネスが成り立っています。

画像2: ライブ配信を盛り上げるコツ


大人だけでなく、子どももライブ配信する10代も増えています。これから、ますます人気になるライブ配信やライブコマースを発信するときは、大切な3つのことを確認してくださいね!

この記事が気に入ったら「フォロー」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.