子育て情報『フィンランドで国語・数学の次に大切な「Environmental studies」は人間としてのベースになる学び』

2020年11月17日 11:45

フィンランドで国語・数学の次に大切な「Environmental studies」は人間としてのベースになる学び

たとえば小学校のランチタイムでは多くの場合でカフェテリアに子どもたちが集まり昼食をとるのですが、学年やクラスごとの「時間差」対策をしつつも「おしゃべり禁止」はしないなど。

感染は怖いですし、子どもたちを守るために各種対策の徹底はとても大切だと思う一方で一度しかない子ども時代にどこまで制限を設けるべきかを考えさせられます。

フィンランドで国語・数学の次に大切な「Environmental studies」は人間としてのベースになる学び

フィンランドの義務教育ではすべてランチは無料。自分で食べられるだけとって食べるスタイル。個人的に気になったのは、「野菜をまったくとらない子どもがけっこういること」と「パンにつけるバターが多すぎること」(笑)

画像2: フィンランドの義務教育ではすべてランチは無料。自分で食べられるだけとって食べるスタイル。個人的に気になったのは、「野菜をまったくとらない子どもがけっこういること」と「パンにつけるバターが多すぎること」(笑)

フィンランドの義務教育ではすべてランチは無料。自分で食べられるだけとって食べるスタイル。個人的に気になったのは、「野菜をまったくとらない子どもがけっこういること」と「パンにつけるバターが多すぎること」(笑)

フィンランドで国語・数学の次に大切な「Environmental studies」は人間としてのベースになる学び

フィンランドの義務教育ではすべてランチは無料。自分で食べられるだけとって食べるスタイル。個人的に気になったのは、「野菜をまったくとらない子どもがけっこういること」と「パンにつけるバターが多すぎること」(笑)

フィンランドで国語・数学の次に大切な「Environmental studies」は人間としてのベースになる学び

フィンランドの義務教育ではすべてランチは無料。自分で食べられるだけとって食べるスタイル。個人的に気になったのは、「野菜をまったくとらない子どもがけっこういること」と「パンにつけるバターが多すぎること」(笑)

これまでの【フィンランド教育はなぜ子どもを幸せにするのか】はこちら

高野直子

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.