子育て情報『不確実な未来に求められるのは「変化に対応する力」 STEM教育が目指すもの』

2020年7月14日 09:00

不確実な未来に求められるのは「変化に対応する力」 STEM教育が目指すもの

、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字をとった言葉)に囲まれて生きています。すべての産業領域においてSTEM関連知識が必要とされるのです。そういった観点からSTEMの力は今まで以上に重要となると言えるでしょう。

科学技術の発展は、社会および経済発展の原動力であり、高度科学技術人材の育成と、すべての国民の基本的STEMリテラシーの向上は急務なのです。

画像: 不確実な未来に求められるのは「変化に対応する力」STEM教育が目指すもの

著者紹介

石戸奈々子(いしどななこ)

NPO法人CANVAS理事長/一般社団法人超教育協会理事長/慶應義塾大学教授

東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、NPO法人CANVAS、株式会社デジタルえほん、一般社団法人超教育協会等を設立、代表に就任。慶應義塾大学教授。
総務省情報通信審議会委員など省庁の委員多数。NHK中央放送番組審議会委員、デジタルサイネージコンソーシアム理事等を兼任。政策・メディア博士。
著書には「プログラミング教育ってなに?親が知りたい45のギモン」「子どもの創造力スイッチ!」「デジタル教育宣言」をはじめ、監修としても「マンガでなるほど! 親子で学ぶ プログラミング教育」など多数。

これまでに開催したワークショップは 3000回、約50万人の子どもたちが参加。
実行委員長をつとめる子ども創作活動の博覧会「ワークショップコレクション」は、2日間で10万人を動員する。
デジタルえほん作家&一児の母としても奮闘中。http://creativekids.jp/

この記事が気に入ったら「フォロー」&「いいね!」をクリック!バレッドプレス(VALED PRESS)の最新情報をお届けします!

毎週最新情報が届くメールマガジンの登録はこちらから!

石戸奈々子

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.