子育て情報『プログラミングは表現のための道具なのだ アスキーが小中学生プログラミング大会をはじめた理由』

2020年6月10日 09:00

プログラミングは表現のための道具なのだ アスキーが小中学生プログラミング大会をはじめた理由

プログラミングは表現のための道具なのだ アスキーが小中学生プログラミング大会をはじめた理由


月刊アスキー元編集長で現在は角川アスキー総合研究所の首席研究員でもある遠藤諭氏が、なぜ今子どもにプログラミングが重要なのか、長年コンピューター雑誌にかかわってきた立場から解説します。

新連載【遠藤諭の子どもプログラミング道】はこちら

子ども向けのプログラミングの学校ってなんだろう

今から5年ほど前、私のいるKADOKAWAグループの角川歴彦会長から「エンドウくん、子ども向けのプログラミングの学校を考えてみないか?」と言われたことがありました。

プログラミングの学校と言われてもどんなふうにはじめたらいいのか?そんな折に、UEIの清水亮社長(現ギリア社長)とCANVASの石戸奈々子理事長と話をしていて「子どものプログラミングの世界にも《作文》や《絵》や《音楽》みたいな全国規模のコンテストがあるといいよね」という話になりました。

私は、『月刊アスキー』というパソコン雑誌の編集をやっていましたが「雑誌は《学校》だ」ということをいつも感じていました。新しいテーマなど「まだ教科書にのっていないことを学べるのが《雑誌》」というわけです。今そのことを学ぶととても役に立つようなことでも、本や教科書としてまとまるのには何年もかかるからですね(実は出版の歴史をひもとくと、「雑誌」とはまさにそのようにして17〜18世紀にフランスや英国で生まれたものなのですが)。

画像: 月刊アスキー創刊号表紙 ascii.jp

月刊アスキー創刊号表紙

画像参照:https://ascii.jp/elem/000/001/500/1500731/

つまり、学校の形をしていなくても「学校」のような役割をはたすことができる。そして、子ども向けのプログラミング作品コンテストには、ちょうど「作文」や「音楽」や「絵」のコンテストが学校の授業を補完しているように、やってみる意味がありそうだと思えたのでした(プログラミングの学校はまだできていないのですが)。

大事なのは子ども時代に「褒められた」記憶

コンテストの何がよいのか?誰でも、子ども時代に「褒められた」ことがあると思います。ふだんの授業ではあまりその記憶がなくても、なにか特別な宿題や課外授業で、心当たりがある人もいるでしょう。ここで恥ずかしげもなく私の個人的なことを書かせてもらうと、小学校3年か4年生のときに理科の「日の出・日の入りの記録」という宿題がありました。

1年間かけて毎月1回、日の出と日の入りのようすを絵で記録していくという割りとハードな宿題です。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.