子育て情報『自分の言葉で発表する場の大切さ。Show&Tellによる作品発表のススメ』

2020年2月28日 20:00

自分の言葉で発表する場の大切さ。Show&Tellによる作品発表のススメ

自分の言葉で発表する場の大切さ。Show&Tellによる作品発表のススメ


プログラミングとは本来創造的な活動です。創造的な活動をすると、新しい作品が生まれます。子どもたちがプログラミングをして作っているものは、紛れもない作品です。今回は作品をつくりっ放しにするのではなく、自分の言葉で発表する場の大切さについてお話しします。

* Show&Tellとは
* 大切なのは周りの環境
* Special Presentation Day

これまでの【プログラミング教育のホントのところ】はこちら

Show&Tellとは

画像: Show&Tellとは


Show&Tell(ショー・アンド・テル)をご存知でしょうか。アメリカやカナダの幼稚園から小学校で行われている、自分が好きなものや紹介したいものについて短い時間で発表をする、ショートプレゼンテーション活動です。幼少期から人前で話をすることによって、プレゼンテーション能力が高まったり、自己肯定感が高まるといった効果があります。また話を聞く姿勢なども、同時に身につくことを目的としています。

私が Show&Tell と出会ったのは、10年ほど前の ScratchDay Tokyo(Scratchの誕生日を祝うお祭り)でのことだったように記憶しています。当時中学生になったばかりくらいでしたが、多くの人の前で話をするのは、とても緊張したのを覚えています。しかし自分の作品について、聞いてくれる機会はとても嬉しく、いろいろな場面で積極的に話をするようになりました。

最近エンジニア界隈では、LT(Lightning Talk ライトニングトーク)と呼ばれるショートプレゼンテーションが流行っていますが、ある種似たようなものといえるでしょう。

大切なのは周りの環境

画像: 大切なのは周りの環境


Show&Tellで大切なことは「完成してなくてもかまわない」ということを、みんなが共有していることだと思います。子どもたちは(これは大人もそうですが)完成していないと発表してはいけないと思い込んでしまうフシがあります。しかし完成しているかしていないかは、あまり関係がなく、どういった思いで作っているか、どのような工夫をしているのか、という部分に注目すべきです。

私が当時通っていたLEGOスクール(ラーニングセンター新浦安)では、作品発表のときの指針として次のような項目を挙げていました。

* 作品の名前, 説明
* おもしろかったこと、工夫したこと
* 難しかったこと、苦労したこと
* 時間があればやりたかったこと

慣れてきたらこのような指針など関係なく自分の言葉で発表できると思いますが、もし子どもたちがなにを話したらよいかわからなかったり戸惑っていたりしたら、こちらを参考にアレンジして使ってみてはいかがでしょうか。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.