子育て情報『学校と受験が変わらなければ日本の将来はない プログラミングと受験の難しい関係』

2020年8月21日 12:00

学校と受験が変わらなければ日本の将来はない プログラミングと受験の難しい関係

5〜10年後にプログラミングが受験科目に入ってきたとき、私が恐れるのは、相変わらず穴埋めや選択式の問題で能力を測ろうとするのではないか、という点です。つまり、英単語も英文法も知っていて、穴埋め問題や選択式の問題で高得点が取れたとしても、英語が使えない人が多いのと同じことがプログラミングでも起きるのではないかと危惧しているのです。プログラムの穴埋めや選択式の問いには答えられても、プログラムを実戦で使うことができない人をこの国は量産してしまうのではないか……。

解決策は簡単です。穴埋めや選択肢の問題などを課さずに、実際にプログラムを書いてもらってコンピューターで走らせて評価すればいいのです。課題は出していいと思いますが、(英語がしゃべれるかどうかと同じで)プログラムを書く能力そのものをみればいいのです。

その際、大きな会場を借りて、パソコンを何百台も運び込む必要はありません。オンラインで考査をしてしまえばいいのです。え?それじゃカンニングが防げない?いえいえ、そもそもカンニングというのは「暗記」しているかどうかを試験するから生じるのであり、考え方やセンスを見るのであれば、どこから情報を得ようがかまわないはずで、それも情報検索能力のうちではありませんか。

ただし、別人がなりかわって受験しては意味がないので、それはセンサーなどで監視するか、あるいは、なりかわりでもかまわないと開き直って、入学後に授業についていけなければ辞めてもらえばいいのです。

もちろん、簡単で誰でもGoogle検索でプログラムのコードが手に入るような問題を出してはダメです。ちょっとひねりを利かせた、考えさせる問題を出せばいいのです。

また、課題を解くのとは別に、オリジナルなプログラミング「作品」を提出してもらってもいいと思います。独創的なアイディアを見るには、その人の書いたオリジナルなプログラムで考査するのがいちばんです。

学校と受験が変わらなければ日本の将来はない

画像: 学校と受験が変わらなければ日本の将来はない


学校の教室数も敷地面積も決まっているのだから、受験で志願者の数を絞ることは必要だ。そのための効率のよい方法が穴埋め式と選択式で知識を問う形式の受験問題なのだ。そういう暗黙の了解があるように思います。でも、その考えこそ、たかだかここ150年(世界では200年)の学校システムの話なのです。

物理的な制約の大きい今の学校システムは、第四次産業革命において、大きな脱皮が求められています。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.