子育て情報『学校と受験が変わらなければ日本の将来はない プログラミングと受験の難しい関係』

2020年8月21日 12:00

学校と受験が変わらなければ日本の将来はない プログラミングと受験の難しい関係

N高のような通信制高校が人気を博しているのは、まさに時代を先取りしているからにほかなりません。

すぐには変わらないかもしれませんが、5〜10年かけて、オンライン授業を主体としつつスクーリングを取り入れた新しい学校を増やし、「お受験」などという子どものクリエイティビティを潰すための無駄な儀式をなくす必要があると強く感じています。

それができなければ日本は、プログラミング教育でも、過去の(数学教育や英語教育同様の)過ちをくりかえし、本当に世界から置いてけぼりになってしまうでしょう。

受験のためにプログラミングを学ぶことをあきらめるか、それとも、長い目で見て幸せな人生を歩むために、子どもが好きなプログラミングを続けさせるか。保護者がどれくらい「先」を見通せるかによって、子どもの人世が左右される……いま、われわれは、そのような難しい選択の時代に生きているのです。

受験を考えているご家庭は、どうかいったん立ち止まって、25年後に必要とされるものが、プログラミング技能なのか、それとも中学や高校の「学歴」なのか、親子で話し合ってほしいと思います。周囲に流されずに、ちょっぴり長期的な視野で「未来」について考えてみてほしいのです。

この記事が気に入ったら「フォロー」&「いいね!」をクリック!バレッドプレス(VALED PRESS)の最新情報をお届けします!


毎週最新情報が届くメールマガジンの登録はこちらから!

これまでの【竹内薫のトライリンガル教育】はこちら

竹内薫

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.