子育て情報『ロックダウンがなんだ! 緊急事態宣言に慣れたタイ・バンコクの新型コロナウイルス事情』

2020年4月21日 09:00

ロックダウンがなんだ! 緊急事態宣言に慣れたタイ・バンコクの新型コロナウイルス事情

ロックダウンがなんだ! 緊急事態宣言に慣れたタイ・バンコクの新型コロナウイルス事情


バンコクは、ロックダウンから半月経過しました。もう「非日常が通常」という言葉がしっくりくるような状態となっています。デマ情報が飛び交って何を信じたらいいの?という極限の状態はとうに過ぎ去り、適度な緊張感の中、日々の生活と先の楽しみを話しながら、今置かれている現状を静かに受け止め生活しています。

これまでの【海外×教育移住】はこちら

タイ・バンコク現在の新型コロナウイルス対策と学校生活

バンコクは、ロックダウンから半月経過しました。もう「非日常が通常」という言葉がしっくりくるような状態となっています。デマ情報が飛び交って何を信じたらいいの?という極限の状態はとうに過ぎ去り、適度な緊張感の中、日々の生活と先の楽しみを話しながら、今置かれている現状を静かに受け止め生活しています。

先月21日に出された非常事態警告、26日からの宣言の発表後、バンコク市内のインターナショナルスクール(以下インター校)と日本人学校でも対策が取られました。春休みの前倒し、そして新学期の開始延長、オンライン授業の開講です。

基本的に、在住の日本人が通っている学校では、日本大使館からの情報をキャッチアップして学校側の意思決定がなされているようでした。決められたことはすべてオンライン上で最新情報を確認できます。筆者が子どものころ通っていた日本の公立小学校なら、各家庭に連絡網が回ってくるような細かい内容もすべて即時的に見れて、その都度、家族で相談しあえるのですから、デジタル社会に有難さはひとしおです。

緊急事態宣言に対して非常に慣れた対応

画像: 緊急事態宣言に対して非常に慣れた対応


3月下旬当初は、いつなにがどうなるか、まったくわからないので、先の見通しが立てられず、不安でいっぱいだったのですが、在住歴1年の筆者のネガティブな気持ちに相反して、バンコクの学校側の対応は非常に素早く、終始ポジティブで落ち着いていました。

皆さんご存じの通り、タイは「王国」であり、政府の権限も日本より強く、過去に何度か緊急事態宣言や外出禁止令が出されています。現在は治安維持のために、夜間の外出とアルコール類の販売が禁止、飲食店も店内での喫食は禁止でテイクアウト販売のみ、という厳しい制限下で生活していますが、その禁止令の類も、在住歴の長い日本人にとっては慣れたことのようで、

[ 画像が省略されました ]
またか。明日から10日間お酒が買えない~。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.