子育て情報『日本全国緊急事態宣言で、週末プチ起業は大ピンチ!? こんなときだからこそ、オーナーがすべきこととは』

2020年4月20日 09:00

日本全国緊急事態宣言で、週末プチ起業は大ピンチ!? こんなときだからこそ、オーナーがすべきこととは

日本全国緊急事態宣言で、週末プチ起業は大ピンチ!? こんなときだからこそ、オーナーがすべきこととは


日本全国で、緊急事態宣言が出されました。それにより、飲食店の売り上げは大幅に減少。廃業を余儀なくされる飲食店まで現れています。ではこのピンチをどのように乗り越えていけばいいのでしょうか。同じく飲食店のオーナーをしている方から、このコロナ禍を乗り切り方法を聞いてみました。

これまでの【週末パン屋のはじめかた】はこちら

飲食業のオーナーは今何を考えているのか

前回まで、プチ起業でパン屋さんやカフェをやる上でのいろいろなことについてお話ししてきました。

そんな原稿を書いているときには想像もしなかったのですが、新型コロナウイルスの感染が日本全国に広まってしまいました。

そして、ついに政府の緊急事態宣言を受けて、ここ大阪でも、さまざまな商業活動に自粛要請がでました。私たちの週末カフェ「天使の時間」が利用しているレンタルカフェスペース「ケイジェイワークス・コラボカフェ」も4月末まで休業です。ここでご紹介したシェアキッチン「Second M」も同じく休業。当然ながらその施設を利用しているコラボカフェ・コラボ食堂のオーナーさんは、営業できなくなっています。

私たちのようなプチ起業オーナーはまだリスクが低いのですが、自分の店を構えている飲食業の方々は、廃業の危機にある方も少なくありません。こんな状況なので、プチ起業オーナーの仲間やコラボカフェ・コラボ食堂を卒業して、自分の店を構えている飲食店オーナーの方々にインタビューして、この現状に対して、今どのように対応しているのか、そしてこれから先どうしていこうと考えているのかをうかがってきました。もちろんテレワークで。今回は、そのレポートをお届けします。

YouTubeで自分たちの「志」を発信

画像: 天使の時間はYouTuberはじめます

天使の時間はYouTuberはじめます

まずは、自分自身のこと、週末ヴィーガンカフェ天使の時間の現状です。ヴィーガンカフェ天使の時間は、ケイジェイワークス・コラボカフェで月2日間出店していましたが、4月から出店箇所をさらに2カ所増やそうと準備中でした。しかし、3月ごろから新型コロナウイルス蔓延の懸念が高まってきて、新規出店を予定していた2カ所がいずれも当面の営業を自粛することになってしまいまいた。そして、本拠地であるケイジェイワークス・コラボカフェも休業となり、新たなスタートを切る予定だった4月は、まったくの白紙となってしまいました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.