子育て情報『​​プログラミングの本質はどこにあるのか 8K映像で探るアフターコロナへの道』

2020年10月23日 06:30

​​プログラミングの本質はどこにあるのか 8K映像で探るアフターコロナへの道

​​プログラミングの本質はどこにあるのか 8K映像で探るアフターコロナへの道


今回の記事では、先日放送され、私がプログラミングで制作に関わったテレビ番組についてお話しします。プログラミングでテレビ番組をつくるというと、あまりイメージが浮かばないかもしれませんが、その過程を紹介することで、プログラミングでできることの本質が垣間見えるかもしれません。

ビッグデータを8Kで可視化 新型コロナウイルス感染爆発



※この映像は制作過程で私が検証目的でつくったもので、本編の映像とは異なります。

番組の趣旨

この番組は、8Kならではの高精細な表現力を生かして、ビッグデータを可視化し、専門家の分析にもとづいて今後の対策に向けた糸口を探ることを意図して制作されました。

ご存知のとおり、新型コロナウイルスの影響は現代社会の根幹をも揺るがし、政治や経済を混乱させ、私たちの日常生活をも一変させました。その対策が急がれるなかで、国内外を問わず、ウイルスに関するさまざまなデータが集められています。

番組では、世界で確認されたウイルスの遺伝情報と、国内での感染状況の2つのテーマに注目して、データを詳細にビジュアル化し、感染の実体を描き出しました。プロジェクトには、取材や映像制作を担う番組スタッフだけでなく、ウイルスや都市環境の専門家などが参画しています。

ウイルス遺伝情報から感染ルートを可視化する

私は、主に番組の前半、ウイルスの遺伝情報に着目した場面での制作に関わりました。

ウイルスが増殖する際に、設計図であるRNAに刻まれた遺伝情報が複製されますが、ごく稀にオリジナルとは異なる情報が書き込まれる場合があります。これがウイルスの変異です。

世界中で確認されたウイルスの遺伝情報の変異を調べると、まるで家系図のようなウイルスの伝播ルートを知ることができます。

画像: 2次元的なウイルスの系統樹出典: https://www.gisaid.org/

2次元的なウイルスの系統樹出典:https://www.gisaid.org/

番組ではこれらのビッグデータを使って、ウイルスの広がり方を詳細かつ鮮明に表現することを目指しました。冒頭の映像は、完成した3次元的な新型コロナウイルスの系統樹です。

映像化のイメージを検討するためのプログラミング

ウイルスが拡散する様子をこのように高精細な表現で映像化する取組みは、過去に例がありません。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.