子育て情報『コンピューターは子どもが使うものこそカッコよくあるべき 子ども向けコンピューター「Kano PC」』

2020年8月14日 12:00

コンピューターは子どもが使うものこそカッコよくあるべき 子ども向けコンピューター「Kano PC」

コンピューターは子どもが使うものこそカッコよくあるべき 子ども向けコンピューター「Kano PC」


「Kano PC」の発表会があるというので出かけてきました。プログラミング教育についてご興味のある方なら、名前はご存じかと思う英国のベンチャーKano社。Raspberry Pi搭載のキット「Kano」は、私のまわりで何人もの人が英国から取り寄せていました。

その他の【遠藤諭の子どもプログラミング道】はこちら

子どもがはじめて出会うコンピューター

『TIME』のベストインベンションアワードを2年連続で受賞、2019年には『Fast Company』がアップルに次ぐ革新的なコンシューマ向けIT企業としました。「Kano PC」は、そのKanoによる子ども向けの本格的なコンピューターというので気になります。

子ども向けのコンピューター、子どもがはじめて出会うコンピューターはどんなものがよいかはなかなか難しいテーマです。私が編集にたずさわっていた『月刊アスキー』では、1980年代から「教室にやってきたコンピュータ」という連載をやっていました。その頃、すでに驚くような試みがたくさん行われていました。たとえば《幼稚園の卒園集をMacintosh+ハイパーカードで作りました》というのがありました。

ハイパーカード(HyperCard)は、紙芝居のようなカードにボタンを配置してやれば、誰でもちょっとしたコンテンツが作れる素晴らしいソフトウェアです。アップルがハイパーカードをやめてしまったので(本当になぜでしょう?)卒園集は読めないかもしれないですが、子どものコンピューターとの出会いとしては最高に近いものだったと思います。

プログラムのコードを書くこともさることながら、紙芝居式でどんなふうにみんなを驚かすことができるか?そこに知恵を絞ることもコンピューターを使う重要なヒントになるからです。

画像: 子ども向けコンピューター「Kano PC」。11.6型タッチ液晶を搭載した2 in 1 ノートPCで8月22日から国内販売が開始される

子ども向けコンピューター「Kano PC」。11.6型タッチ液晶を搭載した2 in 1 ノートPCで8月22日から国内販売が開始される

画像: アーツ千代田3331で開催された発表会の風景。バーチャルな発表会も並行して行われ創業者のAlex Klein氏も英国から参加。日本マイクロソフト社の中井陽子氏によるビデオメッセージなども寄せられた

アーツ千代田3331で開催された発表会の風景。バーチャルな発表会も並行して行われ創業者のAlex Klein氏も英国から参加。日本マイクロソフト社の中井陽子氏によるビデオメッセージなども寄せられた

一方、「IchigoJam」という、日本のjig.jpという会社が作った1500円から買えるシングルボードコンピューターがあります。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.