子育て情報『完璧な授業でなくてもいい フィンランドの小学校がオンライン授業に移行したわけと、職業体験の場“Me &My City”』

2020年4月14日 09:00

完璧な授業でなくてもいい フィンランドの小学校がオンライン授業に移行したわけと、職業体験の場“Me &My City”

完璧な授業でなくてもいい フィンランドの小学校がオンライン授業に移行したわけと、職業体験の場“Me &My City”


新型コロナウイルスの感染は、当然フィンランドにも大きな影響を与えています。教育先進国と言われるフィンランドでは、子どもたちの教育に対して、現状をどう乗り越えようとしているのでしょうか。職業訓練の場である“Me &My City”とあわせて紹介します。

* 新型コロナウイルスのフィンランドでの影響
* 小学6年生の職業体験の場“Me &My City”
* Me &My Cityが他の職業体験と違う3つのポイント

これまでの【フィンランド教育はなぜ子どもを幸せにするのか】はこちら

新型コロナウイルスのフィンランドでの影響

日本では3月2日から小学校が休校となり、私が運営する民間アフタースクールも急遽朝から営業をしていたため、先月は記事をお休みさせてもらいました。

多くの人々の生活や仕事に影響力をもつ新型コロナウイルスですが、フィンランドの小学校でも3月中旬から一斉休校になりました。

※一部、仕事を休めない保護者の子どものために、少人数での“クラス”が実施されていたようです。ヘルシンキに住む私の友人も仕事を休めず、小学生の子どもは登校。2、3人で勉強をするなど先生と過ごしているようです。

によると、学校の先生は休校に伴い、“オンライン授業”を続けており、数日間でその準備をするのはハードだったようですが、“完璧な授業でなくてもいい、子どもたちが決まった時間に先生や友だちと顔を合わせること。それが子どもの情緒面の健康を保つために重要”と考え、日々試行錯誤しながら、子どもたちと学びを継続しているそうです。

フィンランドで新型コロナウイルスへの社会的危機の風潮がスタートしたのは、日本よりも数週間遅かったように感じますが、「外出禁止」「ヘルシンキを含む都心部の封鎖」は3月中に実施されました。3月中旬の段階で、「70歳以上の人は、“食糧・医薬品調達のための買い物”と“健康を保つための散歩”以外の外出禁止令」が出ていました。

その成果として、新規の新型コロナウイルス感染者がここ数日(4/11 時点) ようです。フィンランドは人口550万人。日本とは単純に比較のできない事例ですが、社会全体で事態改善のために取り組むのはフィンランドらしいと感じます。
画像: フィンランドには、雪がとけ花が咲く季節がやってきている

フィンランドには、雪がとけ花が咲く季節がやってきている

画像: 完璧な授業でなくてもいいフィンランドの小学校がオンライン授業に移行したわけと、職業体験の場“Me &My City”


【TC6】自分の仕事をもって自立していく能力(Working life competence and entrepreneurship)


新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.