子育て情報『「本や本屋に興味のない人」に本が届くように 投票済証明書を見せれば本が安く買えるキャンペーン「VOTE! &READ!」の仕掛け人・小張隆さん』

2020年8月12日 14:00

「本や本屋に興味のない人」に本が届くように 投票済証明書を見せれば本が安く買えるキャンペーン「VOTE! &READ!」の仕掛け人・小張隆さん

「本や本屋に興味のない人」に本が届くように 投票済証明書を見せれば本が安く買えるキャンペーン「VOTE! &READ!」の仕掛け人・小張隆さん


東京・根津にある本屋「ひるねこ BOOKS」の店主小張隆さんは、オリジナルレーベルによる絵本の出版をはじめ、ネットでも話題となった「VOTE! & READ!」や「#CatsParade」キャンペーン活動の仕掛け人でもあります。そんな小張さん、オススメの一冊は『図解 はじめて学ぶ みんなの政治』(晶文社)。

その他の【本と人が交わるところ】はこちら

やってみないとわからないところがある

根津駅から徒歩 6 分、地元の人からは「キッテ通り」と呼ばれるかわいいらしい小道に「ひるねこ BOOKS」があります。ひさしのあるガレージには小説や写真集や洋書絵本の数々。2 冊 300 円や、一冊 50 円と破格の文庫均一コーナーが並びます。

画像: 絵本や文庫、小説のジャンルもさまざま。つい引き寄せられてしまう

絵本や文庫、小説のジャンルもさまざま。つい引き寄せられてしまう

選びがいのある光景に、今年はコロナ禍の影響を受けて中止となった本のイベント「不忍ブックストリート 一箱古本市」を思い起こしました。店頭では、2020 年最新版の MAP も配布。小張さんは、なぜ本屋さんの道に進んだのでしょうか? 立ち上げの経緯からうかがいました。

画像: 「不忍ブックストリート MAP2020」が配布されている

「不忍ブックストリート MAP2020」が配布されている

「幼いときから本に囲まれて育ち、本があるのが当たり前の生活だったんです」と話す店主の小張隆さん。読み聞かせされるうちに本好きを自覚。大学卒業後は児童書の出版社、童心社で営業として 8 年勤務した意外な経歴の持ち主です。

使命感から出版社を退職、本屋の道へ

営業時代には、書店訪問だけでなく、保育園や幼稚園へ出向き紙芝居の実演販売も。「他社の本もまんべんなく紹介するのは児童書出版社ならでは」とやりがいもあったとお話される一方で、小張さんの胸の内では、次第に本との距離に違和感が生まれていたと言います。

営業として「書店本部や取次への提案を意識していると、デスクワークで数字だけをみてしまいます。はたしてお客さんに対して本をキチンと届けているのか? こんな仕事をいつまで続けるんだろうか?」

画像: てきぱきと本棚を整とんする店主の小張隆さん

てきぱきと本棚を整とんする店主の小張隆さん

小張さんはふっと「本屋さんの目を持ちたい」そんな使命感を抱きます。出版不況が叫ばれる状況を「打ち破れないか」と意識が変化していくにつれ、引き留める周囲や仲間にも「やってみないとわからない」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.