子育て情報『アクサダイレクト、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通したリモート交流会を開催』

2021年12月8日 15:00

アクサダイレクト、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通したリモート交流会を開催

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:佐伯 美奈子、以下「アクサダイレクト」)は、地域貢献プログラムの一環として、コンタクトセンターのある旭川市の旭川医科大学病院小児科と遠隔操作型分身ロボット「OriHime」(※)を使ったリモート交流会を2021年11月9日(火)に行いました。同プログラムは、闘病のため長期間の入院生活を余儀なくされている子どもたちへの楽しい時間の提供を目的に、昨年に続き実施するもので、旭川市のコンタクトセンターに勤務するアクサダイレクトの社員が、入院中の0歳、5歳、9歳、12歳の子どもたちと分身ロボットを活用したリモートでのコミュニケーションを行いました。

■本プレスリリースのポイント
・アクサダイレクトは、地域貢献プログラムの一環として、コンタクトセンターのある旭川市の旭川医科大学病院小児科に入院中の4人の子どもたちやご家族とのリモート交流会を、分身ロボット「OriHime」を通じて開催。本企画は、9~10月にかけて実施した福井市のコンタクトセンターと福井大学医学部附属病院小児科の交流に続く、本年2か所目の開催。
・入院中の子どもたちは新型コロナウイルス感染症拡大防止対策が続く医療機関で面会や立ち入りが制限され、ご家族との面会もままならない。子どもたちは、自分の分身となったロボットを病院から操作し、ご家族との団らんや学校の授業に参加したり、ご家族が入院中の我が子をロボットを通して見守るなど3週間にわたって体験。
・体験期間最終日の11月9日(火)は、アクサダイレクト社員によるオリジナル絵本の読み聞かせと買い物体験などを通してコミュニケーションを深め、交流の後には絵本や社員のメッセージ入りカードをプレゼントした。

アクサダイレクト、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通したリモート交流会を開催

子どもたちの分身となったロボットがご家族と団らん

アクサダイレクト、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通したリモート交流会を開催

病院からロボットを操作し消防署見学に参加

アクサダイレクト、入院中の子どもたちと分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通したリモート交流会を開催

ロボットを通して見ている修学旅行先の動物園

本企画は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、ご家族やご友人との面会が制限されるなど、困難な状況下で病気と闘う子どもたちを励ましたいという想いから、分身ロボットを使った「外の世界の体験」をプレゼントするものです。4人の子どもたちとご家族に、まず3週間、分身ロボットを貸与し、そのロボットを通じて、学校の授業や社会科見学、修学旅行などへの参加や、家族での団らんなど、今まで制限されていたことを楽しんでもらうことが出来ました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.