ウーマンエキサイト

| ウーマンエキサイト
香りは、人をリラックスさせたり、元気づけたりしてくれる。その日の気分によって身につけている洋服に香りがついていれば、その効果は大きい。最近は香り系柔軟剤が非常に豊富になっているが、その背景には、多くの主婦が柔軟剤に新しいこだわりを求めていることがあるようだ。


柔軟剤好き イマドキ 主婦座談会の様子

株式会社シタシオンジャパンの主婦800名への調査によると、柔軟剤本来の「洗濯物をやわらかくする」「静電気を防ぐ」という基本的な機能に加え、「香り」について高いニーズをもつ人たちが多くいることが明らかになった。

調査によると、ただいい香りを求めるだけでなく、柔軟剤によって衣類に香りをつけることで、人と接するときに自分らしさを感じてもらうなどの「自己表現」や、服から立ちのぼる香りによる「癒し効果」など、付加価値を求める人が多いという結果になった。例えば、柔軟剤に衣類の香りづけ機能を求める人は、約6割にのぼる。また、3人に1人が柔軟剤の香りで「自分らしさ」を表現したいと考えている。

主婦たちに以前と比べて柔軟剤へ期待する効果を尋ねると、5割以上が「好みの香りを楽しめる」「香りが長続きする」と回答し、柔軟剤の基本的機能の「衣類が柔らかくなる」という回答を上回った。また、3割以上の主婦が、目的に応じて柔軟剤を使い分けており、そのうちの約3割が3種類以上の柔軟剤を持っている。そして、家族によって柔軟剤を使い分ける人の7割以上が、「自分のため」に柔軟剤を使い分けているという主婦のこだわりも。

2009年頃より、米P&G社の製品である柔軟剤「ダウニー」のヒットを契機に、柔軟剤に香りを求める主婦が増加、それに伴い、香りの良さを訴求した製品も増加し、「柔軟剤ブーム」とも言える現象が巻き起こった。

関連リンク
提供元 :
この記事が気に入ったら、こちらもチェック!

くらしランキング

もっと見る

キーワード

あわせて読みたい

「生活」の記事

特集

もっと見る

生活に関するまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る

ブログ

もっと見る