くらし情報『見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす』

2019年5月27日 00:00

見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

目次

・一目惚れの敷地
・外部空間が半分
・梁とスラブを分離する
・厳しさとは真逆の居心地がいい
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす


一目惚れの敷地

正方形の敷地を探していたという建築家の古澤さん。「見た瞬間にここだと思った」敷地は約45㎡の狭小地で、私道(位置指定道路)の突き当りに位置する。そして、住宅に両脇を挟まれたその私道は古澤邸のためだけに存在しているかのように見える。

「正面性もあって一目惚れでした。そして、ここだったら街とつながったような生活ができるんじゃないかと」

見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

私道奥の真正面に立つ古澤邸。敷地は約45㎡。建物の半分近くが外部空間になっている。

外部空間が半分

当初の計画ではプランの真ん中に螺旋階段をもうけていたが、「図式的には美しいけれども、求心力が強すぎて生活が束縛されそうな感じがしたため」、多数の案を経て現在のプランへと変更を行った。しかし、道路に面した建物の半分近くを外部空間にするというコンセプトははじめと変わらずに維持した。

「こういう繁華街に近い場所ではどうしても外部が少なくなってしまう。さらに、子どもを育てるうえでも外があるほうが絶対いいと思ったので」と古澤さん。

見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

2階バルコニー。都会ではどうしても外部空間が少なくなってしまうため、2~4階でバルコニーを4カ所もうけた。
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

2階の入口近くから外階段越しにバルコニーを見る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.