くらし情報『見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす』

2019年5月27日 00:00

見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

「梁とスラブが一体になっていることに疑いをもつ人はいないと思いますが、ラーメン構造というのは柱梁構造のためスラブは本来、構造的に不要です。ジャングルジムのようなものなので、ある意味、スラブは柱や梁とは別の要素なんですね」

こうしてできた空間ではスラブと梁が絵画のフレームのようになって外部空間をさまざまなプロポ―ションで切り取るだけでなく、視線が内外ともに斜めにも抜けて都会の狭小敷地では得難い開放性も獲得している。さらにはまた、正面がガラス張りのため、内へと閉じがちの都会生活では珍しく街とのほどよい距離感と関係性もつくり出されている。

見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

4階からの見下げ。基本的に外の階段をコンクリート、内部は木にしているが、それだけでは対比的になりすぎるので途中にスチールの階段もつくっている。
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

寝室のある4階スペース。
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

柱から出た梁によって十字の形ができているのがわかる。
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

階段部分の吹き抜けは1階から4階まで続く。
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

狭小住宅では上下移動の体験が重要になるため、歩くごとに風景が変わる、街を散歩するような楽しさを目指した。
見たことないつくりのRC住宅都会の狭小地で街とつながって暮らす

2階と3階を見る。2つの床の途中に存在感のある梁があるため、スキップフロアと勘違いする人が多いという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.