くらし情報『築50年のリノベーション時を経て味わいを増すオーセンティックな暮らし』

2019年6月17日 00:00

築50年のリノベーション時を経て味わいを増すオーセンティックな暮らし

目次

・数十年後にかっこよく
・見通しのいいLDK
・キッチンをアクセントに
・大切な思い出とともに
築50年のリノベーション時を経て味わいを増すオーセンティックな暮らし


数十年後にかっこよく

国産スギの外壁に包まれた、清々しい佇まい。たまプラーザで眼鏡店を営む矢田大輔さんは、それまで住んでいた築50年の家を、昨年秋にリノベーションした。
「妻の祖母の家だったんです。かつてここで営んでいた町工場の名残りのある昭和の家が、全く違う雰囲気に生まれ変わりました」。
経営する眼鏡店「Local」の店舗デザインを担当した「MOBLEY WORKS」の鰤岡力也さんに、この自宅も依頼。
「学生時代からの付き合いでもあり、完全に信頼しているのでほとんどお任せでしたね。リノベーションするからには、鰤岡さん以外には頼みたくない、と思っていました」。
矢田さんが唯一希望したのは、「10年、20年経ってもかっこいい家がいい」というもの。
「“お前が死んだとき、オヤジいい家造ったな、と子どもが言ってくれるような家を造ってやる”。なんて、鰤岡さんは言っていましたね(笑)」。

築50年のリノベーション時を経て味わいを増すオーセンティックな暮らし

多摩のスギと張り方の構造にこだわった外壁は、湿度の高い日本の風土に適応。次第に色が変わっていく経年変化も楽しみのひとつ。施工はすわ製作所。
築50年のリノベーション時を経て味わいを増すオーセンティックな暮らし

リビングからダイニングを見る。ルーバーの衝立の左端は、リノベーションにあたって唯一残した柱。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.