くらし情報『5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した建築家夫婦のSOHO』

2019年6月10日 00:00

5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した建築家夫婦のSOHO

目次

・運河沿いの物件を求めて
・2人分の仕事スペース
・フロアごとに使い方を決めて
・数字にこだわらず、工夫する
5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した建築家夫婦のSOHO


運河沿いの物件を求めて

東京の下町、門前仲町の運河沿いにひっそりと建つ5階建ての小さなビル。このビルを自宅兼事務所として住んでいるのが、アトリエハコ建築設計事務所を営む七島幸之さんと佐野友美さんご夫婦。二人で事務所を構えておよそ15年目。世田谷から門前仲町に自宅と事務所を移して2軒目の住処だ。
「このあたりを散歩していて貸しに出ているのを見つけたんです。良かったのは、賃貸だけど改装してもいいという物件だったことです。ここはそもそも舟屋さんだったみたいです。その後いくつかの会社が入ったりしていたみたいですが。それまで住んでいたマンションが事務所を兼用するには使いにくかったこともあり、これはおもしろそうだね、と借りることにしました」。

5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した建築家夫婦のSOHO

1階の入り口と、七島さんの仕事場。右側の天井高は2mほどと低い。左側は吹き抜け。
5層の狭小住宅運河沿いのビルを改装した建築家夫婦のSOHO

吹き抜けからの見下ろし。

2人分の仕事スペース

建物は、1フロア20㎡に満たない広さの空間が5層になっている。入り口を入ると吹き抜けのある七島さんの仕事机と吹き抜けに目いっぱいの高さで備え付けられた本棚に圧倒される。「狭いけれど、この吹き抜けの高さがあるのが気に入って借りました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.