くらし情報『築年数不明の建物を再生古い梁が三角の天井に映える。旗竿地の家を明るくリノベ』

2019年6月26日 00:00

築年数不明の建物を再生古い梁が三角の天井に映える。旗竿地の家を明るくリノベ

目次

・自然と人が集まるアイランドカウンター
・吹き抜けから明るい光が注ぐ1階玄関
・断熱材をしっかり入れて快適な住まいに
築年数不明の建物を再生古い梁が三角の天井に映える。旗竿地の家を明るくリノベ


自然と人が集まるアイランドカウンター

築年数不明のトタン貼りの建物が残る再建築不可の旗竿地。ここに住むためにはこの古家を生かさなければならない。
それでも購入に踏み切ったのは、小学2年生のお嬢さんの学区を変えることなく、中目黒という便利な街に住み続けられることが理由だったそう。
「『フィールドガレージ』の原 直樹さんに建物を見てもらったところ、大丈夫というお墨付きをいただいたので思い切ることができました。基礎から作り直さなければならないほど建物が傷んでいたので、実際の工事は想像以上に大変だったそうです」

元々の家がとても暗かったので、リノベーションはなにより明るい家にするのが目標だったそう。開口部を大きく確保し、吹き抜けを作り、光を1階まで届けた。

2階のリビングの中心は大きなアイランドカウンター。
「料理好きな夫の身長が高いこともあり、アイランドカウンターを思い切った高さまで上げました。天板に肘をつきながら立ち話をするのにちょうどいい高さです。来客はなぜかソファに座らず、カウンターの周りに集まって話をします(笑)」

築年数不明の建物を再生古い梁が三角の天井に映える。旗竿地の家を明るくリノベ

キッチンは2階に。三角屋根がかわいい。アイランドカウンターの腰板の面材はヴィンテージオーク。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.