くらし情報『公園の前の狭小住宅内と外を緩やかにつなぐインナーバルコニーのある家』

2019年8月5日 00:00

公園の前の狭小住宅内と外を緩やかにつなぐインナーバルコニーのある家

目次

・目の前の借景を活かして
・バルコニーを部屋の一部に
・家族の気配を感じるLDK
・機能性を追求した1階
公園の前の狭小住宅内と外を緩やかにつなぐインナーバルコニーのある家


目の前の借景を活かして

都心の人気の住宅街。緑豊かな公園の目の前という立地に、夫の父親の代から一戸建てを構えていた渡辺さんご家族。
「前の家に10年程住んで、建て替えることを決めました。父から譲り受けるにあたっては、“明るい家にする”ということが条件でした」と、夫の耕治さん。とはいえ、単に明るいだけではなく、陰影がしっかり表現された落ち着きのある家が、夫婦揃っての希望だった。
「ふたりともアメリカに暮らしたことがあり、映画の『グリーンカード』に出てくるような家がいいね、と言っていたんです」。
特に映画に出てくるサンルームに憧れたそう。妻のあきとさんは、
「キッチンに立つと、広々としたリビングの向こうにフラットにサンルームがつながる、そんな空間を希望しました」。
おふたりの考えを具現化したのはssideの杉山純一さん。公園とつながるかのような広々としたLDKを2階に、コンパクトな寝室を1階に。斜線制限のある17坪の5角形の角地を最大限に活用して、プランニングを行った。

公園の前の狭小住宅内と外を緩やかにつなぐインナーバルコニーのある家

天井高も確保した開放感のあるLDK。キッチンから全体が見渡せる。
公園の前の狭小住宅内と外を緩やかにつなぐインナーバルコニーのある家

外壁にはフレキシブルボードを使用。ワイルドで荒々しい雰囲気を出した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.