くらし情報『伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中』

2019年7月22日 00:00

伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

目次

・可変性を仕込む
・チャーミングな場所をつくる
・庭のような空間
・今も攻略中
伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中


可変性を仕込む

K邸の敷地は恵比寿の住宅地にある。Kさんの仕事場との距離を考慮してこの土地を購入したが、その際にはご両親が利用することも想定されていたという。

「当時は一人暮らしでしたが、これから家族が増える可能性もあるし、何年後かに事務所にするパターンもあるかもしれない。将来いかようにもできるようなつくりにしてほしいと建築家にお伝えしました」

伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

鉄骨3階建てのK邸。この写真では見えないが奥にはペントハウスが載っている。
伸びやかに広がる3階建て空間さらなる面白さを見出すために、今も攻略中

玄関入って数段階段を上がると1階スペース。加えて、Kさんが共同でこの家の設計にあたった山路さんと釜萢さんのお2人に伝えたのは「スキップフロアにしたい」、そして「ツルツルピカピカの空間にはしたくない」ということだった。さらに、ネットで見つけた好みのインテリア写真を見てもらったという。

山路さんは「スキップフロアにしたいというお話があった時に、部屋をつくっていくというよりずるずるとスペースがつながっているような構成をイメージされているように感じた」という。「それで、斜線制限をかわした最大ボリュームをシンプルに立ち上げてできた空間を伸びやかに使い切るようにしようと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.