くらし情報『真ん中に螺旋階段のある家中庭のような階段を中心に明るく広く暮らす』

真ん中に螺旋階段のある家中庭のような階段を中心に明るく広く暮らす

公園の緑を見たい

目の前に公園のある敷地をみつけて即、購入を決めたという林夫妻。「以前に住んでいたところが早大通りの並木道の緑が借景で見える場所だったので、同じように緑が見えたらいいなと思っていました」と話すのは夫の公太郎さん。設計は妻の宏美さんの友人だった山田紗子さんに依頼したが、山田さんへのリクエストのひとつは当然ながら公園の緑が見えることだった。

50.6㎡とコンパクトな上に奥に細長い形状の敷地のため「家が広く見えるようにしてほしいというのもすごく言っていた気がします」と宏美さん。加えて道路側以外は隣家が迫る状況ながら「大きな開口がほしい」とも伝えたという。

目次

・公園の緑を見たい
・家の真ん中の螺旋階段
・階段での工夫




真ん中に螺旋階段のある家中庭のような階段を中心に明るく広く暮らす

構造の関係で前面に大開口を設けられなかったため、インナーバルコニーをつくりその内側に大きな開口を設けた。
真ん中に螺旋階段のある家中庭のような階段を中心に明るく広く暮らす

リビングからインナーバルコニーを通して公園の緑を見る。木の素材感がほしいというのも夫妻からのリクエストだった。
真ん中に螺旋階段のある家中庭のような階段を中心に明るく広く暮らす

インナーバルコニーから公園を見る。
真ん中に螺旋階段のある家中庭のような階段を中心に明るく広く暮らす

螺旋階段の途中からリビング方向を見る。リビングの壁にはピクチャーレールが付けられている。

家の真ん中の螺旋階段

それらのリクエストを中心に家づくりが始められた林邸。出来上がった家には道路側の2階にインナーバルコニーが設けられて目の前の公園の緑を眺めることができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.