くらし情報『庭と一体となる暮らしランドスケープに溶け込むハーフビルドの箱』

2020年4月6日 00:00

庭と一体となる暮らしランドスケープに溶け込むハーフビルドの箱

庭に佇む納屋のように

多摩御陵へと続くケヤキ並木の参道沿い。自然に恵まれた、神聖な空気感の漂うこの場所に、ランドスケープデザイナーの石川洋一郎さんは4年前に自邸を構えた。
「この辺りは風致地区なんです。まわりの景観にふさわしい家を建てることが求められる中で、風景をつくる人間として何ができるかを考えました」。
ニオイシュロランをはじめ、世界各地からのグリーンが生い茂る庭に囲まれて、焼杉の外壁の家が佇んでいる。
「庭と家をセットで考えました。リビングからインとアウトをどのように形づくるかを大事にしましたね」。
ベタ基礎のレベルにコンクリートを敷いた土間のようなLDKから、そのまま地続きにつながる庭は、石川さんと、ガーデンデザイナーである妻・メアリーさんがデザイン。建物の設計は「shushi architects」の吉田周一郎さんに依頼した。
「イメージしたのはBURN(農家の納屋)です。作物を育てて保存するための簡素で無駄のないデザインを、石川さん家族の暮らしにどうフィットさせるか試行錯誤しました」と吉田さんは言う。

目次

・庭に佇む納屋のように
・外壁の焼杉をDIYで
・光と緑に包まれる家
・廊下は自由に過ごせる共用部
・いつまでも完成はない


庭と一体となる暮らしランドスケープに溶け込むハーフビルドの箱

コンクリート敷きの土間のような大空間のLDK。南面に大開口が設けられ、庭との一体感が感じられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.