くらし情報『土地の記憶を継承しつつ街とつながる街と家族がほどよい距離感でつながって暮らす』

土地の記憶を継承しつつ街とつながる街と家族がほどよい距離感でつながって暮らす

土地の記憶とつながる

以前から近くに住んでいて街が気に入っていたという映画作家の北川さん。設計を依頼した吉田州一郎・あい夫妻と敷地の周辺を歩いて、街の良さ、気に入っている部分を紹介して回ったという。

「いっしょに歩きながら、北川さんが “この踏切のこういった風景が面白いんです”と。それが街の風景を映画のシーンのように見ていて新鮮だった。わたしたちも路地に街の面白さが詰まっているのを感じました」と話すのはあいさん。

周辺の路地ではブロック塀が入り組んで立ちそれぞれの家が好みで貼ったタイルが見え隠れするという。「ブロック塀のように構築的なものが密にある一方で、突然パンと空が抜ける場所があったりして心地がいいんです」(あいさん)。そこで「デザインでこの土地の記憶をつなぎとめこの街ならではの雰囲気を引き継ぐことができないかと考えた」(州一郎さん)という。

目次

・土地の記憶とつながる
・継承しつつ開く
・家族とつながる

・ワンシーン=ワンショットの家?


土地の記憶を継承しつつ街とつながる街と家族がほどよい距離感でつながって暮らす

3階のダイニング。正面の波板はあえて外部に使う素材を使った。素材のグレーが周囲の色とマッチしている。
土地の記憶を継承しつつ街とつながる街と家族がほどよい距離感でつながって暮らす

キッチンを階段近くから見る。天井の最高高さは3.6mある。

継承しつつ開く

建築家のお2人との打ち合わせのなかで北川さんは「道路とルーズにつながって暮らしたい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.