くらし情報『ガラスのブリッジが光を運ぶ大きな吹き抜けを中心に温かな空気が回遊』

2020年5月4日 00:00

ガラスのブリッジが光を運ぶ大きな吹き抜けを中心に温かな空気が回遊

どこにいても明るい暮らし

「家中のどこにも、暗く、じめじめしたスペースがないんです。明るく開放的に暮らせるのが、何より家を建ててよかったと思うところですね」。
そう語るのは、整理収納コンサルタントとして活動している須藤昌子さん。9年程前、家族3人で暮らす2階建の一戸建てを設けた。
「3分割されて売っていた土地を見つけ、ネットで探した一級建築士事務所に相談しました。隣家に接した土地なので、ここにどんな家が建てられるのかと思いましたね」。
須藤さんの希望は、光の入る細かい仕切りのない家、そして収納にも配慮した家にしたいということだった。
「それ以外はあまりリクエストしませんでした。プロの先生にお任せしたほうが、いいものになるのではないかと思って」。
光に満たされた家は、優秀建築物として「第20回千葉県建築文化賞」を受賞。リビングの吹き抜けを取り囲むように、仕切りをできるだけ排した空間がつながり、“ガラスのブリッジ”と名付けた2階のガラス床を通って、トップライトからの光が1階へと抜けている。

目次

・どこにいても明るい暮らし
・すっきりと暮らせる工夫を
・キッチン奥に家事ルームを希望
・空とつながるトップライト


ガラスのブリッジが光を運ぶ大きな吹き抜けを中心に温かな空気が回遊

2階の廊下から1階リビングを見下ろす。“ガラスのブリッジ”は、まるで空を渡るような感じからネーミング。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.