くらし情報『大人のための都会の隠れ家山を愛する二人のシンプルかつソリッドな空間』

2020年6月8日 00:00

大人のための都会の隠れ家山を愛する二人のシンプルかつソリッドな空間

大人二人が暮らすためのミニマムな空間

ファッション関係の仕事をするSさん(50代・女性)と、写真家・山岳ガイドとして活動するKさん(60代・男性)。パートナーの二人が暮らすのは、品川区の住宅街にこの春完成したばかりの住まい。家を建てるきっかけは、Sさんが築50年の実家を受け継いだことだったという。「当時としてはモダンなRC造の建物でしたが、古さゆえ快適とは言い難い住環境でした。そこで、取り壊して新たに家を建てようと思いました」(Sさん)。

家づくりにあたっての二人のコンセプトは「都会の隠れ家」。「50〜60代の大人が、必要最小限のモノで暮らしていくためのシンプルな家を建てたいと思いました。私は写真家・山岳ガイドという仕事柄、東京を離れ自然の中にいることが多く、彼女も山登りを一番の趣味としているので、逆に住まいはアーティフィシャルな空間を楽しみたいと思いました。」(Kさん)。

間取りの面では、住宅密集地のため閉じたつくりとし、北側と北西側が道路に隣接するためベッドルームを南東角に配置した。さらに空間を有効活用するために廊下を設けず、リビングやダイニング、寝室など暮らしの中心となるスペースは2階にまとめた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.