くらし情報『インテリアデザイナーの自邸 サーフィンを中心に考えた 鎌倉のリノベーション住宅』

2020年10月12日 00:00

インテリアデザイナーの自邸 サーフィンを中心に考えた 鎌倉のリノベーション住宅

濡れた足で歩ける土間

「モアデザイン」で店舗デザインを中心に、数多くの物件を手掛けてきたインテリアデザイナーの山口大輔さん、昌愛さんご夫妻。お二人ともサーフィンにすっかり魅了され、6年前に3匹の愛犬とともに都内から鎌倉・由比ヶ浜近くに移住した。海まで自転車で約5分、サーフ天国な家だ。
「当時、そろそろ家を買いたいなと考えていました。都内より、波乗りができる場所がいいと鎌倉に狙いを絞りました」

サーフィンのためにリノベーションをした家なので、サーフボードの置き場と、海から上がった際の動線を確保するために、庭だった場所に土間部分を建て増しした。海から帰ったら庭でシャワーを浴び、濡れた足で土間を歩いてもまったく問題ない。

ダイニングやリビングからも見ることができる美しい柄が施されたロングボードは、メキシコでアーティストにオーダーしたもの。
「メキシコではバハカリフォルニアでサーフトリップもしました。美しい海とサボテン以外はなにもない場所(笑)。日本とのギャップを存分に楽しみました」

目次

・濡れた足で歩ける土間
・オリジナルな無国籍インテリア
・2階は元々の間取りを活かしてリノベ


インテリアデザイナーの自邸 サーフィンを中心に考えた 鎌倉のリノベーション住宅

サーフボードを保管している土間は、もともと庭だった部分に増築している。ロングボードの長さ分の天井高をしっかりと確保。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.