くらし情報『建築家夫妻が挑んだ斜面の狭小地 光と影、曲線がもたらす美しく上質な住まい』

建築家夫妻が挑んだ斜面の狭小地 光と影、曲線がもたらす美しく上質な住まい

建坪7.5坪の変形敷地

夫婦そろって一級建築士の青柳創さんと綾夏さん。2019年に竣工した自邸は、高低差4m以上の変形敷地に建ち、建坪はわずか7.5坪。土地を探し始めて2年が経過した頃この土地に出会い、「即決でした」と話す。
「予算が限られていたので、相場より安くなる特殊な土地を探していました。道路側と奥に2m強の擁壁があり、さらに斜線規制などの厳しい条件もありましたが、前面道路を挟んだ向かい側が学校の校庭で視界が開けていることが魅力でした。建築家の自分たちなら、この難しい土地も何とかなるのではないかと思ったのです」(創さん)。

土地を購入後、近くに住み、さまざまな時間帯に訪れてはいろいろな高さから眺め、太陽の動きや周辺環境、場所の空気感をつかんでいったという。設計に要した期間は2年半。
限られたスペースならではの工夫やアイデアが詰まった心地の良い家が完成した。

目次

・建坪7.5坪の変形敷地
・光と影のコントラストを意識
・大きなキッチンをあえて造作
・一石二鳥の“兼ねる”アイデア


建築家夫妻が挑んだ斜面の狭小地 光と影、曲線がもたらす美しく上質な住まい

地下2階、地上2階の浮遊感のある外観。突き出たテラスが1階に位置する。
建築家夫妻が挑んだ斜面の狭小地 光と影、曲線がもたらす美しく上質な住まい

テラスからダイニングを見る。ダイニングの床は、ホワイトオーク材を白く塗装してふき取り、白っぽく仕上げた。天井や壁とともに光の陰影が楽しめる。
建築家夫妻が挑んだ斜面の狭小地 光と影、曲線がもたらす美しく上質な住まい

ダイニングからテラスを見る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.