くらし情報『“ワクワクする”つくりの家 RCの基礎をそのまま立ち上げて多様な居場所をつくる』

2022年3月7日 00:00

“ワクワクする”つくりの家 RCの基礎をそのまま立ち上げて多様な居場所をつくる

楽しくてワクワクする家

設計はある程度自由にしてほしかったので、建築家に対して具体的なリクエストはあまり出さなかったという齋藤さん。とはいえ「楽しくてワクワクするような家をつくってほしい」、さらに「光や風など自然を感じることができるような家にしてほしい」とは伝えたという。

建築が好きでインテリアコーディネーターの資格ももつ齋藤さんは、設計を依頼した篠原明理さんに、学生の頃からつくってきたスクラップブックを見てもらったという。好みのインテリア写真などを貼り付けたこのスクラップブックについて篠原さんは「お話をうかがうだけでなく、齋藤さんの好きなものをある程度共有することができたので、大まかなイメージのすり合わせはできていたと思います」と話す。それはRC造の無機質でミニマルなデザインとは方向的には真逆ともいえる、内部に多様な居場所があって、かつまた、植物などがところどころに置かれているような家、といったイメージだったようだ。

目次

・楽しくてワクワクする家
・基礎が生活の場まで立ち上がる
・コントラストのある空間
・子どもたちも大いに満喫



“ワクワクする”つくりの家 RCの基礎をそのまま立ち上げて多様な居場所をつくる

ロフトレベルからリビングを見下ろす。
“ワクワクする”つくりの家 RCの基礎をそのまま立ち上げて多様な居場所をつくる

ダイニング側から見る。大きく開けた南東側の開口からは隣のお兄さんの家の庭が見える。

基礎が生活の場まで立ち上がる

篠原さんが最初に提出したのはRCの基礎がそのまま立ち上がって生活空間の一部となることを表す模型だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.