くらし情報『「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由』

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由

2018年3月13日 05:00
 

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


「これを買ってから子供がパン好きになった!」と、歴代編集長や子供がいる編集部員が喜んでいるのはコレのおかげ。家電批評本誌や以前ご紹介したこちらの記事でも1位になったバルミューダのトースターです。

おいしさの秘密は5ccの水
サクッ&しっとりが長続きします

日本メーカーの熟練した炊飯器のような円熟さを備えているのがバルミューダのトースター。さしずめ炊飯器でいうところの象印といったところでしょうか。

毎度5ccの水をトースターの上部にある吸水口に投入して焼くことで、水蒸気でパンの表面に膜が張られて、サクッとしっとり感を長持ちさせてくれる仕組みです。

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


バルミューダ
The Toater
実勢価格:2万4732円
サイズ:W357×H209×D321mm
質量:約4.3kg
庫内寸法:W274×H178×D204mm
コード長:約1m
定格消費電力:1300W

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


この小粋な5ccの計量カップがおいしさの秘密。

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


カラバリも増えている一方、未だモデルによっては取り寄せになるほど根強い人気です。

1袋百円台の食パンが圧倒的に旨い
どんなパンでも文句なしにサクサクです

毎日使って感じるのは、とにかく「安いパン」でも極上の味に仕上がるということ。最近では高級食パンなんかも流行っていますが、美味しいパンが美味しく焼けるのはある意味当たり前です。

バルミューダは、とにかくたくさん買ってきた安い1袋百円台の食パンでも美味しく仕上がるから、慌ただしい朝でも、とりあえずトーストしたパンが美味しい! という幸せのひと時を与えてくれます。

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


パスコ
超熟 6枚切り
実勢価格:149円

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


表面はサクサク、中はふんわり。

また、トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサン、クラシックの5つのモードを搭載。実際にフランスパンとクロワッサン、チーズトーストを焼いて、一般的なトースターと焼き上がりを比べてみました。

写真は向かって右がすべてバルミューダ。こうして比べてみると、バルミューダはどんなパンでも黒く焦げずに、サクサクと焼き上がりました。

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


左:一般的なトースター
右:バルミューダ

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


左:一般的なトースター
右:バルミューダ

「安いパンが旨い」2万円トースターが大ヒットした理由


左:一般的なトースター
右:バルミューダ

クラシックモードには170℃、200℃、230℃と3つの温度があり、クッキーやグラタンなどに最適です。ギフトにも喜ばれますが、まずは普段食べている食パンを自宅で焼いて、その違いを実感してほしいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.