くらし情報『「肌に触れない服はキレイ?」いいえ、それは大きな間違いです』

「肌に触れない服はキレイ?」いいえ、それは大きな間違いです

2018年4月6日 12:00
 

「肌に触れない服はキレイ?」いいえ、それは大きな間違いです


オフシーズンへ向けて収納する服は、念入りにお洗濯することが大事です。大切にしたいから、クリーニングを選ぶ人もいるかもしれませんが、正しい洗濯方法がわかれば、おうちクリーニングで済むものもありますよ!

一度でも外気に触れたお洋服は
カビの胞子や大気中の汚れが付着

たとえばインナーは、肌にいちばん触れるから、使うたびに洗濯している人が多いでしょう。でも、ダウンジャケットなど肌にあまり触れない服は、洗う必要がないと思っていませんか? 実は一度でも外気に触れたお洋服は、カビの元になる胞子や大気中の汚れがたくさんついているんです。

そのまま長期間収納してしまったら、 皮脂汚れはシミになったり、カビが繁殖したりする事態に! 晴れた日に正しいお手入れ方法を実践しましょう。

まずは基本の洗い方から!
特別洗いでトラブルを防ぎます

一見キレイに見えたものでも、ふつうにお洗濯しただけでは皮脂汚れが落ちていないこともあります。それが時間経過で黄ばみとして表れるので、汚れが見えなくても特別な洗い方をオススメします。まずは基本の洗い方をおさらいです。

「肌に触れない服はキレイ?」いいえ、それは大きな間違いです


1.洗剤原液でもみ洗い
汚れの目立つ襟部分や袖部分には、洗剤の原液をそのまま染み込ませます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.